9月になりましたね。残りもあと3か月【浜田山CAZU整骨院】

2017年09月1日

ご予約ありがとうございます

今年も残すところあと3か月ですね。

年齢を重ねるごとに時間の過ぎるのが早く感じる今日この頃です。

LINEで9月お誕生日クーポンを配信してみました!

昨日までにLINEに登録していただけた方に対して、ささやかながらプレゼントです(*”▽”)

どしどしLINEに登録されてくださいね!

ご予約受付、ご相談、クーポン配信、営業日カレンダーなどを送信させていただいておりまして、メッチャ活用できます。

とりあえず登録していただけるだけでも色々とお得な情報を配信させていただく予定です。

邪魔だなと思ったらブロックしてください・・・( ;∀;)

寂しいですが、仕方のないことです・・・

なるべくならご縁を繋いでいてほしいです。

よろしくお願いいたします。

土日のご予約状況

9月2日、3日のご予約状況です。

9月2日12:30~ 1名様

14:30~ 1名様 のご案内が可能です。

9月3日11:00~ 1名様

12:00~ 2名様

13:00~ 1名様

13:30以降であれば、スムーズなご案内が可能です。

日曜日の営業が久しぶりなので、ご予約に空きがございます。

ぜひこの機会にご予約をお待ちしております。

スマホ版のホームページに少し工夫を凝らせてみました。

気付いた方がいらっしゃれば、一声かけてください。

気付いていただければサービスで○○を差し上げます!

ホームページ修正点【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月31日

水曜日にも勉強会!

昨日は定休日だったのですが、田町にて勉強会に参加をさせていただきました。

新しいホームページの見せ方、伝え方、ホームページの法則などをアドバイスいただきました。

LINE、facebook、インスタグラムなどを組み合わせることが大切だということを教わりました。

若い方は特に文章を読まない、見ない、聞かないという人が増えてきていて、写真や動画などを効率的に散りばめながら興味を持っていただく仕組みが必要とのことでした。

今日、ホームページ会社に連絡を取りLINEの設定画面を固定表示してもらうようにお願いしました。

LINEで相互連絡が取れるのは本当にいいです。

先日もギックリ腰の方へのアドバイスなどをLINEで行えたことによって悪化を防ぐことにもつながりました。

ドンドン広めていけるように声がけをしていきたいと思います。

セミナー中にもお話があったのですが、広告という概念が変わってきているということです。

ppc広告なども昔と比べて消費率が下がりつつあり、○○円を消費しようと設定したのに○○円しか使えずに余らせてしまったというマル秘情報もいただけました。

整骨院の場合には柔道整復師法、景品表示法、医師法、薬事法などが複雑に絡み合って難しい表現になりがちです。

誇大広告にならない、適切な表現方法を覚えておかないと指摘された情報を修正することすらできません。

色々と仕組みばかりが増えてきてしまって、消費者であるクライアントの方々に嫌がられることの無いように注意が必要ですね( ゚Д゚)

流行廃りがありますが、WEB業界のスピードの速さに驚きます。

当院のクライアント様の中にもWEB系の会社にお勤めの方が多くいらっしゃるので、施術中の会話の際にアドバイスをちゃっかりと頂いてます笑

整骨院、整体業界はやっている内容がお店、院毎に違うためホームページをいくらキレイに作ったとしても中身がまるでダメというお店、院もあります。

そうならないように注意をしながら日々の業務を頑張りたいなぁと思う一日でした。

痛みが再発したとしたら戻ってしまっているかも【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月30日

痛みが指標ではありません

痛みが再発して出てしまった時点で、状態が初診時に戻ってしまっている可能性があります。

基準を痛みではなく、関節の動きや体の使い方など(特に肩の動き)を指標にしていただければと思います。

もちろん痛みの変化、痛みが出た日時などを教えていただくことによって一つの目安にはなります。

しかし、痛みに振り回されてしまって痛みと追いかけっこをしてしまっては、お身体の状態を的確に判断することができなくなってしまいます。

痛みが指標ではありません。

痛みを消そうと躍起になってしまうと必要以上の刺激量を加えることになり、逆に身体を壊してしまう可能性すらありますよ。

あくまでも適切な刺激量を加えて、自然治癒力を引き出すことが大切です。

身体が回復するためには睡眠が必要です。

睡眠とは質、量ともに大切になります。

施術を受けられた日は、できれば6時間ほど睡眠を確保していただけると幸いです。

急性期、慢性期で通院間隔などは異なりますのでご参考までにご覧ください。

①急性期

痛めてから3日間(72時間)が炎症期と呼ばれ、炎症を広げないための施術などを行います。

3週間で症状がある程度固定化されてしまうため、初診時から3週間は通院期間を空けずに来院をされるといいです。

1か月間に8回の通院回数が理想とお伝えしています。

②慢性期

痛めてから3週間以上経ってしまった状態です。

肩こりや腰痛のほとんどが慢性期に当てはまります。

不良姿勢、習慣を身体が覚えてしまっているため、この記憶をリセットさせるための期間が必要になります。

通常であれば3か月間、合計20回ほどの通院が理想です。

本当に根本からお身体を改善したいとお考えであれば、ぜひこの通院間隔、期間を頭に入れておいてくださいね。

姿勢、特に首が大切【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月29日

背骨を支える骨盤、頭を支える頸椎

浜田山CAZU整骨院では頸椎と骨盤を施術・矯正時のポイントとしてお伝えしております。

健康は一番の宝物です。

健康を保つためには頸椎、骨盤の双方がバランスよく保つための軸を整える必要性があります。

例えば頭が傾いている方、これは頭蓋骨も歪んだ状態になっているのですが、それ以上に頸椎の骨格バランスが崩れてしまっている方が多くいらっしゃいます。

背骨を支える骨盤、頭を支える頸椎のバランスが崩れてしまうことによって多くの方が健康を害されてしまいます。

脳からの指令を全身に伝えるために頸椎が大切。

ちなみに米粒1粒(0.2g程度)の神経圧迫によって神経伝達の60%が阻害されてしまうというデータもあります。

首が悪い人は本当に増えてきています。

頸椎専門で治療院を開いてもいいくらいの割合です。

そして下半身の力を上半身に伝えるために骨盤が大切。

骨盤の中央部にある仙骨の上に背骨は積み重なるため、骨盤の傾きや仙骨の位置異常によって背骨の動きなども悪くなってしまいます。

当院ではこの頸椎と骨盤を中心にバランスを整えることでお身体の不調を根本から解決させていただきます。

首のアライメント(ゆがみ)

下の画像を見てどう思いますか?

左肩が下がって見えたり、首がボコボコ見えるのが分かりますか?

ボコボコと背骨が見える部分ですが、このボコボコは背骨の軸が安定していないサインです。

一番ボコッと見える骨が頸椎7番、その下のボコっが胸椎1番です。

いわゆる頸椎の軸がズレてしまいを起こしてしまい、それを胸椎が庇ってしまっているために背骨がボコボコとみえてきてしまいます。

この状態になるまでには1年以上は不調を我慢されてしまっているケースが殆どです。

早期治療が解決への近道だということを忘れないでくださいね(‘ω’)ノ

アニマルバランスバンド

大人気発売中です!

アフロスアニマルバンド(犬、猫用)

☆血流を促進し身体のバランスが整うことにより、犬(猫)本来の力を引き出します!

首元に装着できるタイプのため、首の歪みなどを解消させ自然治癒力を発揮しやすい状態になります。

論より証拠ではありませんが、動画をご覧ください。

バランスを使用する事で身体の重心バランスを整え、本来の力を引き出すことで、運動機能や体調を整えることにつながります。

少しでも健康で病気にならないような良い状態で生活していただけることはペットの家族でもある私達の喜びでもありますね!

定価 7020円(税込) ➡ Mサイズ限定100個 6500円(税込み)

クリックポストでよろしければ送料無料(国内、離島を除く) 数量により要相談

Mサイズ 約26㎝~37㎝
対象犬種 チワワ、ラッセルテリア、ポメラニアン

カラーは水色、オレンジ、ピンク、ブラックとありますが早いご注文優先となります。

お問い合わせはLINE、お電話にて承ります。

多くの学び【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月28日

イネイト活性療法

実は5月からイネイト活性療法という手技を学びに東京と大阪を行ったり来たりしていました。

タイトなスケジュールの中でセミナーに通うのもギリギリの生活でしたが、学びを優先させていただきました。

クライアントの皆様にはご迷惑をお掛け致しました。

5月に2回セミナーがあり、八王子と大阪にて行いました。

6月に都内にて

7月に大阪に移動して

そして8月都内にて最後のセミナーを受けさせていただきました。

もう1回追加で大阪であるようなのですが、他のセミナー日程と被ってしまい参加が難しいので考え中です。

この施術法を学ぶにあたって色々と思うところがありました。

現在行っている矯正法との相性、特異点などを色々と書き出す中で本当に必要性があるものなのかを何度も考えました。

4月にプレセミナーがあり、代表の豊田先生の手技を拝見させていただく機会がありました。

その際に難聴で耳が聞こえていない年配の男性の施術をされていました。

その男性は普段から左耳が聞こえずに、先生との会話もしどろもどろの様な状態から始まりました。

腕を引っ張ったり、体重を掛けさせたりと検査を行いました。

その中でも左腕を引っ張っられた際には明らかな動揺性、不安定感があったと記憶しています。

5分ほど色々と検査をされていく中で、豊田先生の中で色々とみえてきたのだと思います。

「この状態は○○が梗塞を起こしています。」

「○○に今からアプローチを行います」

と5秒ほど手を当てがい、施術を終えました。

この時点で男性はキョトンとしていて何が起こったのかわからない様子です。

先程の腕を引っ張るテストなどを行うと、明らかな変化が見て取れます。

重心も安定しているのか立位での姿勢などにも変化が起こっているように見えました。

そして問題の難聴についてなのですが、先程よりも明らかにボリュームを下げて先生がお話をされているのにも関わらず男性は聞こえているようで意思疎通がハッキリとされている様子です。

これには驚きました。

今までの施術法、矯正法とは異次元のアプローチ方法だったからです。

その時には何が起こったのか意味が分かりませんでした。

ただ驚きです。

5回のセミナーを受けさせていただき、その時の出来事を振り返ると大きな深い学びがあったんだなと、その場に居合わせていただいた幸運を感じます。

その場に居合わせなければ、このセミナーには参加していなかったと思います。

タイミング、巡り合わせなどによって参加をさせていただく決意を固めることが出来ました。

感謝感謝です。

自分たちは3期生という立場なのですが、最寄り駅にも参加をされていた先生方がいらっしゃるので時々勉強会を行いましょうと約束をしました。

まだまだ学びの最中ですが、多くの気づきを得られたイネイト活性療法に感謝をしたいと思います。

どういった問題にフォーカスするか?【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月27日

京都での研修にて

先月参加した京都での研修にて「問題にフォーカスする」というお話をされていました。

肩こりや腰痛、柔軟性がない状態にフォーカスして、指をゆらゆらと揺らすことで、肩こりなどの諸問題を改善するという体操です。

このフォーカスをするということが大切です。

フォーカスとは「ピントを合わせる、焦点を合わせる」と言った意味合いがあります。

この問題、不調にピントを合わせることで、施術前後の情報共有になります。

基本的には症状とは、あくまでも表面的に出ているだけであって、原因ではありません。

浜田山CAZU整骨院では、フォーカスする部分は症状だけでなく、根本原因がどこにあるのかを共有するべきと考えます。

筋肉が硬くなっている、張っている、疲労が溜まっているなどと言われてしまい、何が原因か分からずに施術や矯正に対して希望、期待が持てません。

なぜ、この症状が出てしまっているのか?

トラブルが起こってしまっている原因は?

を共有できるように色々とアイデアを駆使しています。

骨格模型、イラスト、ipadアプリなどを利用してイメージしていただけるかで少しでも伝わりやすい環境を整えることが出来ればと考えています。

先日も近隣の先生の院にお邪魔をさせていただいた際に、大きな気付きをいただけたのでマネさせていただいております。

もう少しでお披露目できるようになると思うので暫しお時間をいただければと思います。

症状の根本原因、私生活で気を付けるべきポイント、当院で行える施術・矯正でどのように改善していけるのかをお伝えすることが大切です。

その改善までの道しるべをお伝えすることが施術者の大切な役割と考えます。

自分たちが行っている施術・矯正の意味・価値をお伝えすることで、この根本原因に対して真剣に取り組もうという意識が生まれます。

現状を知り、その対策にフォーカスをするという視点を持っていただけるかで、心構えから学んでいただければ本当に幸いです。

1か月間で8回の通院が理想【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月26日

刺激量が上回ると・・・

初めて来院された方がお話をされていました。

「1か月間に2回ほど通えば良くなりますか?」

というお話の内容でした。

「残念ながら当院の施術内容、矯正と比較させていただいたときに、この通院頻度・通院期間ではお身体を良くすることは難しいと思います」とお伝えいたしました。

お身体の状態に合わせて施術や矯正を提供させていただいているのですが、1か月に2回の通院で良くなるためには、かなりの刺激量が必要です。

整体、鍼灸、マッサージなどの療法は、一言でいうと「組織を一度破壊し、自己治癒力を高めることが目的」なんです。

刺激とは破壊とも言い換えることが出来ます。

自己治癒力とは再生です。

簡単に言うと、破壊と再生です。

使い方の悪い部分、動きの悪い部分に刺激を入れるのですが、複数回にわたって刺激を入れることで反動を小さくすることがポイントになります。

この複数回が2回なのか、8回なのか、15回なのかで刺激量も調節しやすくなります。

2回で大きく変化を出そうとすると、かなりの刺激量が必要ということです。

もしかすると、その刺激量に耐えることが出来ずに症状を悪化させてしまうことも考えられます。

だからこそ回数が必要です。

当院では1か月間に8回は必要だと考えます。

8回に分けて刺激を入れることによって、症状を増悪させることなく、お体に負担をかけずに矯正ができます。

少なくとも3か月間の通院を続けていただくことによって、お身体のターンオーバーを一巡させることが大切です。

3か月間しっかりと通っていただき、一時的な症状緩和を目的とするのではなく、根本原因を解消できるまで通っていただけることが理想です。

まだまだ情報発信が出来ていないと実感しました。

ブログなどにもしっかりと載せて、初診時の説明なども強化しなければいけないと思う一言でした。

会社見学in宇都宮 リンパジュエリストを目指す【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月25日

モルティーのおもてなし

先日の定休日を利用して、宇都宮市にあるMoltiに会社見学+体験会に伺わせていただきました。

リンパジュエリストという資格を取得させていただくために、何度か都内での研修に行かせていただいているのですが、その総本山であるのがMoltiなんです。

Molti

株式会社美創人

朝7時に自宅を出発して、新宿にて湘南新宿ライン宇都宮線直通に乗り換えました。

宇都宮までは片道1時間50分ほどでした。

途中、田園風景などが広がり癒されましたね。

意外と近いな宇都宮!

宇都宮には8時10分ほどに到着して、迎えを待っていたのですが渋滞していたらしくお会いできたのが9時過ぎでした。

車に乗って15分ほど揺られてMoltiに到着。

キレイなスタッフさんが出迎えてくださいました。

 

 

 

 

 

 

お出迎えいただいたうえ、素晴らしい演出をしてくださって訪問者全員が感動していました。

嬉しいですね(*”▽”)

早速、中を案内していただき施術見学もさせていただきました。

小顔にするポイント、顔の歪みの見立て、お客様とのトークなど細部にわたって説明をしていただけました。

これは大きな武器になりますね。

感謝です。

施術を受けられているのは大阪難波にて、このフェイシャルを提供するためのお店を展開される方です。

店内の装飾品や導線なども大変勉強になりました。

ヨーロッパ調の室内、備品などで統一されており女性が落ち着いて施術を受けられるようにお部屋を区切ってプライバシーに配慮された作りになっているのが印象的でした。

気付くと、こんな感じでペインティングされた鏡があったりして感動です。

下に名前が書いてあり、welcome感が満載ですね( ゚Д゚)

女性スタッフの方々のホスピタリティが高すぎて、本当に驚きました。

このサービスは見習いたいけど、正直できないというレベルを体感させていただきました。

物販のディスプレイなども勉強になりました。

施術メニュー構成、商品展開などアドバイスをいただき、未来予想図をイメージすることが出来たMolti見学体験会でした。

 

このような体験は中々できるものではありません。

本当に勉強になりました。

ありがとうございました。

フェイシャルエステ近日公開です。

その際にはモニターを募集したいと思います。

ハイパーナイフを先にやって、そのあとフェイシャルエステかなぁ~(”ω”)

楽しみです。

よろしくお願いいたします。

興味がある方はLINE@に登録をお願いいたします。

構造と機能の問題【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月24日

慢性症状っていつから?

外傷医学の基本として「軟部組織損傷の一時的治療は3週間で完成する」という定義があります。

例えば膝などを転んでしまってケガをしてしまい擦り傷ができたと仮定しましょう。

瘡蓋(かさぶた)になって、3週間で回復までの流れが一巡する期間のことを言います。

炎症反応期・・・4、5日くらい

増殖期(肉芽形成期)・・・2~3週間

安定期・・・3週間以上

と言った過程を辿ります。

痛めてから3週間以上経ってしまった場合には、ある程度症状が固定化している状態になります。

先日もあるクライアントの方が来院されました。

「腰を痛めて半年くらい安静にしていたんだけど、あまりよく治らないのできました。」というお話です。

徒手検査などをさせていただき動きの中から異常な個所を見つけるようにさせていただいていたのですが、半年間も動けずに安静にされていた分だけ筋肉が衰えてしまっている状態でした。

自然治癒力で回復できない痛みってどういうものだと思いますか?

当院では機能(動き)が悪くなってしまうことによって、構造(姿勢)が崩れると考えております。

逆に考えれば構造(姿勢)が整うことによって、機能(動き)が改善するという考え方でもあります。

徒手検査の時に、肩の動きなどを必ず確認させていただきますが、ほとんどの方が施術前後で明らかに変化を感じ取っていただけているかと思います。

特に3カ月以上続く痛みなどは、まず構造や機能の異常です。

極端な話、1か月を超えて痛みが続いてしまっている場合には構造に明らかな異常個所があります。

それはレントゲンやMRIなどの画像診断装置には写らない場合もあります。

わかりやすくいえば、普通、擦り傷だって3カ月以上続くものはないですよね。

構造に異常個所があることによって、機能(動き)の質が低下してしまって、動きの量も減り続けてしまい悪循環を起こしているような状態に陥ってしまっていました。

この事実を知らずに整骨院、整体院でただのマッサージを受けていると本当に時間の無駄になってしまいます。

ただ時間を費やしてしまっているケースですね。

最初に書かせていただいたのですが、痛みが出たら3週間以内に医療機関に通院をされてください。

3週間以内です。

それ以上、時間が経過してしまった場合には治るのに時間がかかります。

出来れば炎症反応期と呼ばれている3,4日以内がおススメです。

勝負の3週間でどういった治療ができるのか!

これって本当に大切なことなので覚えておいてくださいね( ゚Д゚)

骨格矯正についてはこちらから

炭酸整体についてはこちらから

リアラインコアについてはこちらから

ハイパーナイフについてはこちらから

マトリクスウェーブについてはこちらから

根本原因にアプローチすると【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月23日

得意としている施術法

整骨院、整体院はそのお店・院それぞれの施術方針があると思います。

得意な分野と苦手な分野ですね。

当院であれば骨格矯正をメイン施術にしています。

この二つですね。

他の整骨院、整体では行っていない方法でアプローチが出来るので慢性症状でお悩みの方、急性期で動けない方などにも大変好評を博しております。

もしCAZU式骨格矯正だけでは症状が取り切れない方、お悩みが深い方などには組み合わせて矯正、施術をさせていただくことで更に刺激量を加えることが出来ます。

CAZU式骨格矯正だけでは状態が変化しないorもっと他に組み合わせることが出来るなと見極めた場合には炭酸ミスト、リアラインコアなどを組み合わせるという感じです。

全ての施術、矯正が効率的に組み合わせる方法を提供できるように考えています。

少しずつですが、よりクライアントに伝わりやすい、感じていただきやすい方法が見つかりつつあります。

説明して体感していただき、納得していただけるようになると、身体は一気に変化します。

身体のやる気スイッチがバチっと入る感じですね。

このスイッチが入ると身体は一気に回復するための準備ができます。

普段、施術を受けられるときにも「やる気スイッチ」が入っているか

これって凄く大切です。

施術、矯正をするときに意識して刺激を入れる組織があります。

大まかに分けると骨格、筋肉、神経、関節などですね。

 

例えば骨格にはCAZU式骨格矯正、筋肉には炭酸整体、神経にはマトリクスウェーブ、関節にはリアラインコアといったイメージで提供をさせていただいております。

一つ一つが中身を持ち、想いの詰まった施術・矯正をご提供できるように日々のブログを更新しております。

遡ってみていただけると幸いです( ;∀;)

骨格矯正についてはこちらから

炭酸整体についてはこちらから

リアラインコアについてはこちらから

ハイパーナイフについてはこちらから

マトリクスウェーブについてはこちらから

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 40