問診に一工夫を加えてみよう【浜田山CAZU整骨院】

2017年09月9日

院内の装飾に工夫を凝らせてみました

ポスターをベットサイドに配置をしてみました。

はい!インパクト大ですね笑

ベッドに座っていただけると目の前にポスターがドドン!と登場します。

それでも受付さんには「字が小さいから見えない」と言われてしまいました。

既製品のポスターなので我慢してください。

これがあることによって施術前の説明の際にイメージしていただきやすくなると思います。

少しでもイメージが沸いていただけるようになっていただければ御の字です。

いつも施術を行う前に姿勢などのアドバイスをさせていただくのですが、イラストがあることによって負担が掛かりやすい部分がイメージしやすくなると思い、ちょっと奮発して購入してしまいました(”ω”)

隣のベッドにも配置したので〇万円の出費・・・ですが、皆様に金額よりも伝えたいことがあるんです!

姿勢について、もっとたくさん語り合いたい笑

このポスターの隣にも通院指導について、お身体の状態についてのイラストを付け加えようかなと思っています。

最近色々と買いすぎてますね。

ちょっと自制が効かなくなっている気がします。

先程も「先生また何か買ったの?」って言われてしまいました( ;∀;)

年末に向けて出費を少し抑えめにしていこうと思う今日この頃です。

きっと購買意欲が下がることがないんだろうなぁと不安になっていますが・・・

入ったら消えていくお金との付き合い方を一度見つめ直したいと思う一コマでした。

症状が良くなっていく過程【浜田山CAZU整骨院】

2017年09月8日

症状がよくなるパターン

症状がよくなっていく過程は人それぞれです。

大まかに分けて3つのパターンに分かれます。

パターン①すっかりよくなって、痛みがなくなるタイプ

3割ほどの方が当てはまります。

はじめて痛みが出てしまった方などは、このパターンで良くなることが多いです。

急性期のギックリ腰などでお悩みの方です。

比較的若年層の方に多く見受けられます。

痛みが出てすぐに処置をすることによって、この状態で施術が終わりに出来ることが理想です。

パターン②楽にはなったけど、戻りが出やすいタイプ

何度か痛みが出て、良くなってを繰り返している方のパターンです。

関節などに傷が出来てしまったりして、ある程度まで良くなったとしても不良姿勢などをカラダが記憶してしまっているため、戻りやすい状態になっています。

実はほとんどの方が、このパターンで全体の6割ほどの方が当てはまります。

普段からアドバイスをさせていただいている体操、ストレッチなどで日常生活のクセをリセットさせることで戻りづらい状態をクセづけることができます。

日々の生活に習慣として組み込ませていただければ、戻らないカラダへと変えることが出来ますよ。

パターン③じんわり、ゆっくりタイプ

施術後にはハッキリとした変化は感じられないがゆっくりと楽になってくるタイプ。

今までの施術例では、施術後は多少楽になったかな?ぐらいの方もいらっしゃいますが、施術後3日ぐらいたってから物凄いお通じがあり、そこから楽になったという方もいらっしゃいます。

カラダが反応するまでに少し時間がかかる運動不足や慢性疲労の方に多いです。

残り1割くらいの方ですね。

なぜ戻ってしまうのか?

長年カラダが薬んでいると、苦しい状態に脳が慣れてしまいます。

異常なはずなのに「正常」だと勘違いを起こしているんです。

元の症状に戻りやすいと感じる方は、この異常な状態に慣れてしまっているくらい長期間に渡って苦しんだ方ということです。

この異常な方に戻してしまう働きも人間に備わっている本能です。(ホメオスタシス機能)

じゃあどうすればいいの?というお声が聞こえてきます。

施術後にアドバイスをさせていただいた体操や姿勢を思い出してください。

正しい姿勢、呼吸がしやすい姿勢を思い出していただけるだけでカラダは回復スイッチが入りやすくなります。

脳に楽な姿勢を覚えさせることによって、良い姿勢を「正常」だと理解させるまでの期間が大切です。

初期集中施術の目的もココにあります。

習うよりも慣れよではないのですが、正しい姿勢になれるという期間が必要になります。

何度も何度も繰り返して覚えさせることです。

次々と楽な姿勢、状態を教えていけば、楽な状態が「正常」だと修正されるようになります。

ここまでくれば苦しい状態を異常と感知して、異変が起こればホメオスタシス機能で、楽な状態に自動的に修正されるようになります。

今までは「楽→苦しい」と修正されていた情報が「苦しい→楽」と修正されるようになります。

何をしても楽な姿勢、何をしても苦しい姿勢は表裏一体であったりします。

施術後、1~2日後に起こる可能性のあること

運動後をイメージしてください。

1~2日後に筋肉痛などになりますよね。

それはカラダが回復をしているというサインです。

ダメージを負った筋肉繊維が回復しているサインが筋肉痛です。

施術後にも同様の回復させるための機能が働きます。

カラダに実感できるものから、無意識のうちに起こっているものもあります。

施術後、脳は刺激を感じて2~3日かけてカラダを変化させます。

「こっちに痛みが移動した!」と焦らないでくださいね。

痛みが移動したのではなく、意識が他の部位に移せるようになったということが起こっているだけです。

人間は痛みを感じると、そこだけが悪いと勘違いを起こします。

実際、その痛みが出ている部位が原因となっていることは殆どありません。

その痛みを感じている部分の原因となる部位を施術・矯正したからこそ、その部位の痛みが減少して、他の部位の痛みを感じるようになったということが真実です。

この概念を知っていないと、痛みの追いかけっこになってしまい、お身体へ必要以上の刺激を入れてしまい、カラダを壊しすぎてしまうことにも繋がりかねません。

良くなるためのサインを見逃さないように気をつけましょう。

最終的にはカラダや脳は、必ず楽になろうと本能的に理解しています。

変にストレスを抱えずに、カラダを褒めてあげましょう。

そしていつも頑張ってくれているカラダへ感謝の気持ちを伝えてあげてください。

早く良くなるための施術後の過ごし方【浜田山CAZU整骨院】

2017年09月7日

施術効果を長持ちさせるための秘訣

①痛いところを揉んだり、叩いたりしないこと

筋肉が傷つき、慢性化してしまう原因になります。

安易なマッサージは控えましょう。

筋肉も固くなり、筋肉の伸び縮みが難しい状態になってしまい、血流などが滞りやすくなってしまい、冷え性などを引き起こしてしまいます。

はじめは軽い刺激で効いていたのに、段々と強い刺激でないと満足できないくらいに硬くなってしまい、マッサージ依存体質になってしまいます。

筋肉はなぜ硬くなってしまったのか?という視点を変えてみることも大切です。

筋肉が柔らかくなる姿勢、位置を探してみると筋肉も休める場所が見つかります。

②無理に痛みを探さないこと

施術や矯正後は痛みが楽になります。

例えば、初めての痛みを10として、施術後・矯正後は痛みが5くらいになったとしましょう。

残りの5の痛みを確認しようと、無理にカラダを動かしたり、過剰に刺激を加えてしまうことによって脳がやっぱり痛いんだ!と脳の記憶を呼び覚ましてしまい、治りが遅くなってしまいます。

痛みを探す動きは、壊す動きとほとんど一緒です。

早く良くなりたいという気持ちはよ~く分かります。

ゴールまで私たちがサポートさせていただきます。

1日でも早く良くしようとあせって無理に痛みの確認をしないようにしましょうね。

③楽な姿勢を探しましょう

姿勢で大事なことは「立つ」と「座る」姿勢に気を配ることです。

歩くことは立つことが楽にできるようになるので、まずは意識してもらいたい点を2つお伝えします。

呼吸がしやすい姿勢、痛みが消える姿勢を見つけましょう。

この2つの姿勢をご自身で探し出すことによって、負担の掛かりにくい姿勢を作り出します。

職場や家でもどんな姿勢が楽なのかを探してみてください。

カラダが楽と感じれば大丈夫です。

膝の位置などを指標にすると、自身の楽な位置を覚えやすいと思います。

楽と怠けるは全く違います。

楽をしてもいいんです!

姿勢は毎回の施術前、施術後にチェックを行いますので分からない点などはご質問ください。

本日は定休日ですが・・・【浜田山CAZU整骨院】

2017年09月6日

マッサージだけでは治りません。

マッサージなどで筋肉を緩めたとしても、骨の軸が整っていないと筋肉の硬さは直ぐに戻ってしまいます。

残念ながら、肩こり腰痛はマッサージだけでは完全には治らないんです。

本当ですか?と言われるかもしれませんが、巷で行っているリラクゼーション的なマッサージでは正直治らないと思います。

ちょっと過激な表現かもしれません。

しかし、これだけマッサージのお店が増えている現代社会において肩こり、腰痛で悩まれている方が減っていると感じますか?

逆に増えてきていると思います。

筋肉などのコリは、長時間に渡って負荷がかかってしまい緊張を続けていれば、自然と生じてしまうものだからです。

そこには現代病ともいえる原因が隠されています。

パソコン、スマホなどで背骨や姿勢の軸が崩れてしまい、骨ではなく筋肉で支えてしまっていることによって筋肉は緊張の連続です。

それだけではなく、画面を注視することによって眼精疲労などがそれに追い打ちをかけてしまいます。

疲労が回復力を上回ってしまい、カラダを回復させようとする力が下回っている方が増えてきています。

マッサージも効果がないわけではありません。

緩和には役立っていると思います。

血流を改善することも期待できるでしょう。

気持ちいいことも大切です。

視点を変えてみることが大切です。

運動をすることも大切だと思いますが、いきなり行ってしまうとカラダを壊してしまうことにも繋がりかねません。

運動=疲労

という観点も忘れてはいけません。

運動はカラダにいいと刷り込まれていることで、カラダを壊してしまっている方もいらっしゃいます。

運動後のケアが大切だということです。

毎日続ければいいというものではありません。

回復周期などを考えたうえでカラダは動かしましょうね。

カラダを回復させるためには睡眠の質と量が大切です。

入眠時間、トータル睡眠時間、睡眠環境などを考慮することによってカラダを回復させるためのスイッチが入りやすくなります。

骨格矯正を行った後には必ず休まれてください。

時々、この後運動をしてもいいですか?と聞かれることがありますが、適度な運動なら大丈夫です。

自身の6割くらいの強度をイメージされて運動をされると良いと思います。

理想はお昼寝をされるか、早い時間帯から睡眠をとられるかが良いとお伝えしております。

本日は定休日です。

色々とやることがあります。

休みだからこそ時間を有効活用しなければ・・・

書類の作成、少し清掃、片づけなどを行いました。

そして備品類の確認です。

以前も何回か骨格矯正のチェア、アジャスターが故障した経験があるので動作確認などは小まめに行っております。

時々、チェアを作動させるときに変な音が鳴ったりするときもあるのでドキッとするときもあります。

チェックを怠ると不安なので、マメに確認することは継続したいと思います。

口コミ総数が・・・【浜田山CAZU整骨院】

2017年09月5日

お陰様で

エキテンの口コミがあと少しで200件に到達します!

9月4日現在196件まで書いていただけました。

涙で前が見えません・・・

感謝しております(‘ω’)ノ

エキテンも大切な評価ですが、ここ一年で紹介で来院されるクライアントの方が本当に増えたなと実感します。

信頼を得るためにも、一つ一つの商品である施術、矯正に思いを込めてご提供できるように精進していかなければいけませんね。

ここ一年で色々と気づかされました。

再認識させられました。

世の中には腰痛専門、肩こり専門などの専門性をうたった整体院、マッサージ院などが増えてきています。

確かに一つのカテゴリーに絞った方がマーケティング的には色々と組み立てやすいのが本音です。

しかし、本当に専門性を訴えることが出来るほどの知識、経験などが伴っているのかが問題だと思います。

正直、専門性をうたえるほど特化した知識、技術があるとは到底思えないからです。

1年ほどの間に知り合いの整体院、整骨院も閉院するお店が増えてきました。

なぜだと思いますか?

競合店舗が増えてきているのもあると思います。

増えたことによって価格帯を下げてしまったり、患者さんを取られたりというパターンですね。

しかし、それ以上に大きな問題が隠されていると思っています。

自分自身この業界の学校を卒業後様々な研修に参加をさせていただいております。

そういった研修に参加をしても同級生に会ったことが殆どありません。

卒業後10年以上経っていますが、会ったのは1度か2度です。

それも「職場で言われたから来ている」と言っていたのを覚えています。

自身の判断で行動している訳ではありません。

本当に残念ですが、そういう業界なんです。

さも専門特化した整体院ですよ!と言われたとしても信用できません。

研修やセミナーに参加をされる方、勉強を続けている人は一握りしかいないという事実を指し示していると思います。

月最低でも2回は何かしら勉強会に行ったりしているので少なくとも200回ほどは通っている計算にはなります。

そこで同級生に会わないという事実。

辛口かもしれませんが、本当に勉強している人間が少ない業界だということです。

先日も京都で以前の職場の先生に会う機会がありました。

そこでも同じような話になりました。

あの先輩は何してるんですかね?

風の噂によると閉院したみたいですよ・・・

という話でした。

悲しいかな。

自分が入社した際の直属の先輩だったのですが、おそらく業界から足を洗われたのだと思います。

行動し続けて自分自身を高め続けなければいけないなぁって思う一コマでした。

京セラ、KDDIなどを創業された稲盛和夫さんは人生方程式という考え方を一般に広めた方ですが、

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

と言った

考え方がプラス思考であること。

熱意を持って取り組むこと。

能力の高い人間になること。

稲盛和夫オフィシャルサイト

時々、本などを読ませていただき参考にさせていただいております。

商品価値とは商品に対しての想いがどれだけ強いかが大切だと思っております。

本当の商品価値をお客様に感じていただくためには、自分自身がその商品と向き合う時間を増やすこと、商品を試すことで自分の中で自信を持つこと、そして口に出して商品の本当の良さを伝えることができるようになるまで、幾度となく反復して練習をすることが大切だと思います。

本当に来院して良かったよ。

この商品を使って良かったよ。

というお声をいただけるまでには途方のない時間がかかるかもしれません。

先日の勉強会でもエキテンへの取り組みなどをシャアさせていただいたのですが、他の店舗さんなどの意見などを聞けたことによって新しい取り組みを発見することができました。

日々勉強だなと感じます。

今後ともよろしくお願いいたします。

有意義な時間【浜田山CAZU整骨院】

2017年09月4日

炭酸整体協会勉強会

昨日は業務終了後に炭酸整体協会の勉強会に参加をさせていただきました。

業務が15時まであり、最後のクライアント様が帰られたのが15時30分、片づけをして浜田山を出発したのが16時で勉強会会場である神田まで1時間ということで、後半の最後の1時間だけの参加だったのですが、有意義な時間を過ごさせていただきました。

協会員の皆さんの取り組みなどを聞いて参考にさせていただく部分が多数あり、多くの情報を吸収させていただきました!

情報に踊らされぬよう注意は必要ですが、無知は罪なりという先輩からの教えもあり日々学びを蓄積しております。

まだまだ道半ばですが、少しずつ炭酸整体の皆様にも還元できるようになればいいなと思っております。

僕たちの業界は閉鎖性が高く、職人気質の一匹狼の多い業界でもあります。

こうやって情報を純粋にシェアできる勉強会って実は少ないんです。

これをやりました。

どうなりました。

という数字や結果だけをお話をすることが多いのが自分たちの業界の特徴なのですが、炭酸整体協会では実体験を用いて失敗事例、成功事例などを包み隠さずにお話をしてくださいます。

もちろん当院の取り組みなどもお話をさせていただきます。

物事の本質について一緒になって考えたり 共に学んでくれる仲間です。

炭酸整体協会に入会当初に、自分自身の技術にどうやったら組み込むことが出来るかなどの提案などもしてくれました。

当院では骨格矯正をする際に刺激量が多く入りすぎないために炭酸ミストを用いて表層の筋肉の柔軟性を高めることで、より骨格に近い場所の筋肉などに刺激を入れやすくしようと工夫をしていたりしています。

炭酸スプレーを活用できる場をハイパーナイフやリアラインコアなどと、もっと有効的に組み合わせることが出来るようになればクライアントの方々へ結果として、更に還元できるんだろうなと確信しております。

技術があればOKという訳でもなく、集客やリピートなどクライアントに信頼して来院していただける環境づくりなども必要不可欠です。

環境面で整理整頓や清掃などに課題を残しているので、意識高く行動したいとおもいます!

懇親会の一コマを込山先生から拝借させていただきました笑

ひどい顔しているわ~笑

本当に痩せないとやばいレベルですね。

酵素ドリンクを試しているので、そのうち皆様にシェアをさせていただきます!

痛みが良くなったら何がしたいですか?part2【浜田山CAZU整骨院】

2017年09月3日

御自宅でのセルフケアの重要性

1年365日、24時間という時間を皆様はどのようにお過ごしでしょうか?

固いお話ではないのですが、いつも頑張りすぎている貴方の腰にリラックスをさせてあげなければいけません!

猫背などの不良姿勢が続くとガンバり筋、サボり筋という二つの筋肉に大別できます。

よく体幹を鍛えましょう!と声を張り上げている先生がいらっしゃいますが、一般人が体感を鍛えようとしても思うように力が伝わりません。

というよりも、ほとんどの方が無理です。

スポーツに精通されている方であれば理解していただけるのですが、身体のパワー、アジリティ、スピードなどの一瞬の力というのは、カラダの使い方をある程度使いこなせていない状態では発揮できないような仕組みになっています。

分かりやすい例でいえば、猫背の姿勢でパンチを打ってもパワーが相手に伝わらないということです。

全身の力を相手にぶつけようとするためには、カラダの一連の動きの繋がりが大切になります。

イメージが出来ましたか?

PNF、操体法なども、こういった身体の繋がりを少しずつ組み合わせることで出力を上げていける手段として用いることがあります。

大切なことは、この身体の繋がりを感じられるようになることです。

御自宅でのセルフケア用に体操をアドバイスをさせていただいているのですが、このカラダの繋がりを無視して動かそうという方が思いのほか多くいらっしゃいます。

肩に力が入ってしまっていたり、お尻を浮かせようとしてしまっていたりで、多くの方が間違えられてしまっています。

ぜひ気を付けて行ってみてくださいね。

一応、動画をのせさせていただきます。

この体操は簡単なのですが、継続して行っていただけると本当に結果が出せる体操です。

下手な整体に行くよりも楽になれますよ笑

ぜひ毎朝続けて行ってみてくださいね(‘ω’)ノ

痛みが良くなったら何がしたいですか?【浜田山CAZU整骨院】

2017年09月2日

腰を悪くして・・・

長年にわたって腰を悪くしてしまっていた方が来院されました。

聞くところによると、高校生くらいの時から丸13年腰痛で悩んでいるそうです。

病院や整形外科、整骨院、整体、マッサージ、カイロプラクティック、鍼灸、他にも民間療法と言えるものを数多く受けられたという方でした。

背骨を触診させていただくと、明らかに教養椎移行部(腰の上の方)の位置が悪く、腰椎の後方変位が多数見られます。

まずはいつものように、座り方の指導からです。

膝の位置を確認してみてください。

いかがですか?

ちょっと○○が前方に位置しているように見えませんか?

これを左右均等に合わせてみましょう。

そうすると如何でしょうか?

腰が少し伸びるような感じが得られると思います。

この感じを覚えておいてくださいね。

もう一度、先程の状態に戻して今度は肩を挙げてみましょうか?

いかがですか?

ここで引っかかりますよね?

これはイメージ画ですが・・・

実は手のひらを下にして肩を挙げていただくとと○○側の筋肉の動きの検査になるんですよ!

逆に手のひらを上にして肩を挙げていただくことで○○側の動きの柔軟性も見ることが出来ます。

色々と整体などに行かれていると分かっていただけるのですが、施術前後でこれを逆にして誤魔化しているお店もあるので注意されてくださいね笑

ここまでがいつもの説明するときのパターンです!

動きの確認を共有することで、施術前後の変化を理解していただくことにつながります。

これをやっても分からない方は、お身体への反応が取りづらく、誠に残念ながらお断りをさせていただくこともございます。

先日も一名いらっしゃいました。

申し訳ございません。

それくらいこの検査を重要視しています。

動きの基準を共有できないことには、施術・矯正をしても意味がないと言い切れるくらい大切だと思っております。

今の痛みを取ることも重要視していますが、それがお身体に負担とならないようにするためにも許容量を間違えて刺激を入れすぎないための基準にもなります。

それに気づいてもらえないような場合であれば、勇気をもってお断りをさせていただきます。

申し訳ございません。

お話を戻します。

後方変位があるということは、重心軸に乱れがある。

背骨に位置異常があるということです。

ブログでもたびたびお伝えさせていただいているのですが、背骨で体重を支えられないような形になってしまうと、筋肉などの軟部組織を固めて体重を支えるような形になってしまいます。

そうするとどうなると思いますか?

骨と違って、筋肉は本来柔らかいはずです。

それがなぜ硬くなってしまうのでしょうか?

そうなんです!

この硬い筋肉の正体は!

頑張って背骨の代わりに体重を支えてくれている筋肉の姿なんです!

決まりました!

頑張り筋の成れの果てが、腰痛となってしまっているという悲しい状態でした。

これを理解していただくことで、腰に負担がかかる姿勢について興味を持っていただけるようになります。

この姿勢が原因ですよ。と知っていただくためには、これだけ長いお話をさせていただくことになるんです。

ぜひ今回のお話で予習をされておいていただけると助かります笑

お話が終わると、次はセルフケアのための体操指導です。

これは明日のブログに載せたいと思いますので宜しくお願い致します。

このイラストは本当にいいイメージ図です!

業界関係者の方は必見ですよ!

9月になりましたね。残りもあと3か月【浜田山CAZU整骨院】

2017年09月1日

ご予約ありがとうございます

今年も残すところあと3か月ですね。

年齢を重ねるごとに時間の過ぎるのが早く感じる今日この頃です。

LINEで9月お誕生日クーポンを配信してみました!

昨日までにLINEに登録していただけた方に対して、ささやかながらプレゼントです(*”▽”)

どしどしLINEに登録されてくださいね!

ご予約受付、ご相談、クーポン配信、営業日カレンダーなどを送信させていただいておりまして、メッチャ活用できます。

とりあえず登録していただけるだけでも色々とお得な情報を配信させていただく予定です。

邪魔だなと思ったらブロックしてください・・・( ;∀;)

寂しいですが、仕方のないことです・・・

なるべくならご縁を繋いでいてほしいです。

よろしくお願いいたします。

土日のご予約状況

9月2日、3日のご予約状況です。

9月2日12:30~ 1名様

14:30~ 1名様 のご案内が可能です。

9月3日11:00~ 1名様

12:00~ 2名様

13:00~ 1名様

13:30以降であれば、スムーズなご案内が可能です。

日曜日の営業が久しぶりなので、ご予約に空きがございます。

ぜひこの機会にご予約をお待ちしております。

スマホ版のホームページに少し工夫を凝らせてみました。

気付いた方がいらっしゃれば、一声かけてください。

気付いていただければサービスで○○を差し上げます!

ホームページ修正点【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月31日

水曜日にも勉強会!

昨日は定休日だったのですが、田町にて勉強会に参加をさせていただきました。

新しいホームページの見せ方、伝え方、ホームページの法則などをアドバイスいただきました。

LINE、facebook、インスタグラムなどを組み合わせることが大切だということを教わりました。

若い方は特に文章を読まない、見ない、聞かないという人が増えてきていて、写真や動画などを効率的に散りばめながら興味を持っていただく仕組みが必要とのことでした。

今日、ホームページ会社に連絡を取りLINEの設定画面を固定表示してもらうようにお願いしました。

LINEで相互連絡が取れるのは本当にいいです。

先日もギックリ腰の方へのアドバイスなどをLINEで行えたことによって悪化を防ぐことにもつながりました。

ドンドン広めていけるように声がけをしていきたいと思います。

セミナー中にもお話があったのですが、広告という概念が変わってきているということです。

ppc広告なども昔と比べて消費率が下がりつつあり、○○円を消費しようと設定したのに○○円しか使えずに余らせてしまったというマル秘情報もいただけました。

整骨院の場合には柔道整復師法、景品表示法、医師法、薬事法などが複雑に絡み合って難しい表現になりがちです。

誇大広告にならない、適切な表現方法を覚えておかないと指摘された情報を修正することすらできません。

色々と仕組みばかりが増えてきてしまって、消費者であるクライアントの方々に嫌がられることの無いように注意が必要ですね( ゚Д゚)

流行廃りがありますが、WEB業界のスピードの速さに驚きます。

当院のクライアント様の中にもWEB系の会社にお勤めの方が多くいらっしゃるので、施術中の会話の際にアドバイスをちゃっかりと頂いてます笑

整骨院、整体業界はやっている内容がお店、院毎に違うためホームページをいくらキレイに作ったとしても中身がまるでダメというお店、院もあります。

そうならないように注意をしながら日々の業務を頑張りたいなぁと思う一日でした。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 41