痛みが取れた

2019年03月7日

痛みを取ること=治療ではない

これって勘違いされている方が多くいらっしゃいます。

痛みという症状は原因ではありません。

あくまでも表面的に存在するので、痛みが取れたからといって治ったと判断するのは浅はかです。

痛みが取れた=治った

痛みを取ること=治療

この2つの感覚を間違えてしまうと将来とても困ったことになる可能性があります。

脅かしている訳ではないのですが、人間には痛みを庇うという動作があります。

どこかしらを庇うことで痛みが出ているという可能性があるということです。

痛みが出ている場所を原因だと考えてしまったとしたら、的外れな行動をしてしまったということになりかねません。

家も掃除をしたり、修理したりしますよね。

車も定期的なメンテナンスをされていると思います。

オイル交換であったり、洗車したり、ワックスをかけたりと手間暇をかけた方が長持ちしてくれますよね。

オイル交換をしていなければ燃費が悪くなったり、エンジン内部の部品が消耗してしまったりします。

 

一説には関節の消耗期間って50年ほどで限界がきてしまうという話もあります。

確かに50歳を過ぎた頃から人によっては関節の痛みを強く訴えたり、治療を始めたりする方がいらっしゃいます。

日頃からのメンテナンスをしっかりとやっているかどうかで関節や骨格は状態を維持させることもできます。

潤滑オイルを関節につぎ足すようなイメージです。

正しい姿勢で関節運動を行うことで関節の摩耗を防ぎ、劣化を最小限に抑えることができます。

この正しい姿勢こそ合言葉にしなければいけないキーワードです。

一日一回は家族みんなで姿勢チェックをしてください笑

 

良い姿勢になることが健康になるということ

2019年02月28日

当院の治療方針

浜田山CAZU整骨院の治療方針は「良い姿勢になることが健康になるということ」です。

姿勢が崩れてしまうということは、背骨や骨盤を中心にした骨格というもののバランスが崩れてしまうということでもあります。

そして重要視している点は、構造と機能が正しく働いている身体づくりという一点です。

構造とは骨格、姿勢です。

神経、内臓、筋力、関節の柔軟性を表してい言葉が機能です。

例として、よく使われるのですが家をイメージしてください。

骨盤は土台、背骨は大黒柱としてイメージしていただきます。

水道管が血管やリンパ管でしょうか。

神経は電気の配線ですかね。

基礎部分である膝や股関節に左右差が生じてしまうと土台部分である骨盤はどうなりますか?

そうです。

土台としての骨盤に不安定性が生じてしまいます。

その結果として土台の上に立つ大黒柱である背骨も不安定になってしまい、水道管や配線もガタガタになってしまいます。

途中で断線してしまったり、断水してしまっている箇所もあるかもしれません。

こういった異常個所が増えた状態が慢性症状、不定愁訴という状態です。

そういった異常個所を直すためには、構造を直していくことが前提になります。

姿勢が整うことで機能の低下してしまっている部位の負担を軽減していく。

これを時間をかけて繰り返し行っていくことで、自身の回復力を持って良くなっていきます。

3カ月は必要です

今までの不調を振り返ってみましょう。

どういった過程で悪くなってしまったか覚えていますか?

いつ頃から症状を感じ取っていましたでしょうか?

どれくらい不調を感じてから時間が経ってしまっていますか?

不調を感じる = 悪くなったではありませんよ。

すでに悪い状態が長く続いたことで、悪い循環に入り込んでしまって抜け出せずにいるのが現状です。

地層のように何層にも渡って不調という状態が積み重なっている可能性が高いんです。

ちなみに、

寝起きに疲労が取れていない。

と感じたら要注意です!

この悪循環から抜け出すためのサイクルが3カ月間、そういった体内環境自体を改善することが必要だと認識されてください。

施術後の注意点

これも何度か書いたことがあるのですが、施術後にはゆっくりと休むことが大切です。

出来れば布団に入って睡眠をとられるとベストです。

特に・・・

長期間に渡って症状で悩まれている方、歪みの状態が強い方、疲労が蓄積してしまっている方、クスリを長期に渡って服用されている方、食生活の乱れている方、睡眠不足の方などは要注意が必要です。

上記の方が施術後に運動などをしてしまったりすると反動が大きく、却って身体を痛めてしまう原因にもなります。

当院に来院された方のお話を聞いても、睡眠をしっかりと確保されている方の方が回復が早いです。

ショートスリーパーというのがもてはやされていますが、実際にはお身体の状態が不安定な方が多いのが現状です。

それに睡眠時間が短い方って、どちらかというと睡眠時間を確保するのが難しいのではなくて、睡眠が取れないほどに疲労が蓄積してしまっている状態です。

睡眠について見識不足な面もあるかと思いますが、必要不可欠な睡眠を確保することが回復サイクルを最大限発揮させるための動力だと思います。

施術を受けられた日はゆっくりと休む!を合言葉にしましょうね。

 

春はぎっくり腰と寝違えに注意!

2018年04月10日

暖かくなってくると要注意

暖かくなり始めるとぎっくり腰と寝違えの方が増えてくる傾向にあります。

先々週くらいからぎっくり腰、寝違えで来院される初診の方が増えてきています。

着ている服がダウンジャケット、コートなど重い素材の物から暖かくなり軽い素材の物に変わることによって生じる結果だと、ある先生から聞いたことがあります。

それ以外にも引っ越しシーズン、衣替え、模様直しなど要因が考えられますね。

気分一新して4月を迎えたいという方が多いのもぎっくり腰、寝違えを増やしているのかもしれません笑

冬服の重み、寒さによる筋肉の緊張などある程度負担に慣れていた状態から、気温が上がって洋服が軽くなり、筋肉の緊張状態も一気に解放されてしまい、その結果として関節が緩みやすくなっているから生じてしまうというお話でした。

確かに面白いなぁと聞いていたのですが、それ以外にも春は症状が芽生える時期でもあり、冬に我慢していた症状が一気に目を覚ます時期だというお話もされていました。

注意が必要ですね。

もしぎっくり腰、寝違えになってしまった場合には、なるべく早期に出来れば48時間以内に来院していただけると再発予防の体操などもレクチャーしやすくなります。

48時間が炎症期と呼ばれている要注意期間でもあるんです。

 

上の画像にあるように重い荷物を持ち上げるとき、前かがみで体勢を変えようとするときには要注意ですよ!

その体勢から一歩も動けなくなる。

腰が抜けるような痛みを感じるなど様々なケースを訴えられます。

そんな時にはすぐにご連絡くださいね( ゚Д゚)

1回で根本改善できる症状なんてありません!

まずはお身体のゆがみを整えて不調を改善しましょう。

その後、強制した状態を体に定着させます。

最後に矯正した状態を身体と脳に記憶させ、悪い状態に戻らないようにします。

その後は定期的なメンテナンス施術を行わせていただくことで、再発させないために運動などのアドバイスもさせていただきます。

ぜひ通院間隔などもチェックしておいてくださいね。

初回受診後に特に大切なこと

2018年02月6日

良い状態をキープするために

矯正などを受けた後は、その効果を持続させるためのポイントがあります。

せっかく受けた矯正の効果を長続きさせたいですよね。

その為にはいくつかの外せない重要なポイントがあります。

重要なポイントについて説明させていただきます。

 

睡眠第一

お身体にとって施術時に受ける刺激も負担となります。

それは人によっては、運動するよりも負担の大きい刺激です。

マッサージ、矯正、鍼、灸なども全て身体にとっては負担となる刺激です。

そのため、受診後にはしっかりと休んでいただくことが大切だと伝えています。

出来れば睡眠です。

睡眠によってお身体が整えられて回復を促すことができます。

午前中に受けられたのであればお昼寝をしたり、夕方以降であれば睡眠時間を早めていただく(いつもよりも1時間早く寝るなど)ことによってお身体の状態を回復させることに努めてください。

睡眠だけが体を回復させることができるんです。

疲労してしまった身体を回復させるためには第一に睡眠です。

睡眠の質を高めたいという方はご相談くださいね(*’▽’)

インターネットなどにも色々と情報が載っていますので参考にされてみてください。

昼間から寝られないよ~という方は、目隠しマスクなどをして工夫されてみてください。

セルフケア体操

次にセルフケア体操を行いましょう。

当院では特に骨盤、股関節の体操を重要視しています。

この2か所の動きが改善することによって、身体の軸が整って様々な動きの基軸となります。

ぜひ初診時に教わった体操をしっかりと復習されるようにしてくださいね。

基本的には初回のみの指導となってしまうのでご注意ください。

日頃から継続して行っていただくことによってウエスト-10cmという強者もいらっしゃいます。

ぜひ毎日継続して骨盤力を高めましょうね(‘ω’)ノ

甘いものは控えましょう

食べ物にも注意を払いましょう。

特に甘いもの。

砂糖を多量に摂取するような食べ物は控えましょう。

砂糖を摂取することによって筋肉の出力も下がってしまい、お身体の回復も阻害する要因になってしまいます。

施術当日は控えていただけると幸いです。

炭酸整体勉強会!

2018年01月16日

炭酸整体協会とは?

当院でも用いている炭酸ミストを使って、血流を改善し筋肉が柔らかくなった状態を作りだすことでお身体への負担を最小限に抑えることができる整体を行っている協会団体です。

技術的な側面も大切にしていますが、炭酸整体協会の強みとしては患者さんからの声などを共有し、新しい提案法や言い回しなどを使うことによって、施術を納得していただいたうえで受けていただけるように常にバージョンアップを繰り返している所でもあります。

協会員にも様々な経歴、経験を積まれている方がいらっしゃるので、お話を聞くだけでも勉強になります。

自分視点だけでは想定できない切り口や角度からお話をされていたり、ディスカッションするなかで大きな気付きが得られるという学びのある場所でもあります。

月に1回、東京と大阪にて研修会を開いておりまして、今回は東京神田にて行いました。

今回の内容としては、「リピートをしていただくために必要なこと」というテーマでした。

リピートと一口に言っても、「ただダラダラと通っていただくのではなく、目的意識を持っている方、期日までに結果を出したい方など様々な方がいらっしゃるので、一人一人に合わせた提案法をする」というゴール設定を持って取り組むことが大切だということでした。

もちろん共感できる部分でもあり、更に良い環境づくりをしていかなければならないと決意新たにできました。

詳しくは、日本炭酸整体協会を参照されてくださいね(‘ω’)ノ

こんな感じで皆さん受講されています。

同業者の方で「治療法、経営について」悩まれている方がいらっしゃれば、ぜひお声がけくださいね(‘ω’)ノ

 

炭酸整体協会オフィシャルスプレーの販売開始

2017年11月18日

数量限定販売

炭酸整体協会オフィシャルスプレーが発売されました( ゚Д゚)

どうでしょう?

白文字でオシャレな感じじゃありませんか?

以前のデザインよりもオシャレ感が出ていて自分的には好きです(#^.^#)

少量ですが当院にも入荷してきましたので、皆様もぜひ一度お買い求めくださいね!

炭酸整体協会に開発秘話が載っていますのでぜひご参照ください。

こちらからどうぞ!

全身に使えるのが特徴です。

例えば、

①足の冷え症でお困りであれば足先からふくらはぎまでシュッと吹きかけていただき、つま先立ち運動などを行ってみてください。

②肩こりであれば、これも手先からかけていただき肩甲骨周り、脇のあたりまで吹きかけていただけると肩こり解消に役立ちます。

③腰痛の方であれば、肩甲骨周辺から背中にかけていただき、その後に太ももの裏などにかけていただいても良いですね!

シュッと吹きかけてあげるだけで表層の筋肉のゆるみが起こります。

その後、動かしていただいたり、マッサージをしていただくことで血液循環を促してくれるという嬉しい働きをしてくれるんです。

ボトルタイプになっているのでバックの中などに常備させておくと仕事場でもシュッと一吹きしていただけますよ(*”▽”)

同僚の方にもおススメしてみてください笑

入浴後、運動する前、運動後にももちろんおススメです。

女性は化粧前などに吹きかけていただくとお化粧のノリがグンと良くなるというお話も伺いました。

お化粧後も炭酸ミストの粒子が細かいので安心してご使用いただけます。

一度試してみたいなぁ~という方はご相談くださいね(*”▽”)

首・肩・腰の痛みをずっと我慢している杉並区にお住いの方へ

2017年10月16日

根本施術に興味はありませんか?

痛みの根本原因はどこにあるのでしょうか?

世の中には数多くの手技、施術があふれています。

今まであらゆる施術を受けてきている自分も本当に効果を実感できたもの、その場しのぎの施術など沢山の技術を受けてきました。

痛みを有するバキバキ系の手技、ユラユラと揺らす手技、気功のような手技など数え切れないほど様々な方面からアプローチするやり方があります。

共通しているのは「何を基準に考えるのか?」を最初に伝えることが大切だということです。

before&afterがしっかりと行えているかです。

行った手技、技術が有効だったのかを見比べるための指標があって、それを共有してもらわなければ体感することができない自己満足の施術になってしまいます。

筋肉をメインに考えるのか?

骨格を中心に考えるのか?

骨格の中でも背骨or骨盤からでも見立ての基準をしっかりと持っている先生に診てもらえるようであれば安心して通われてください。

ただマッサージをして筋肉が緩みましたね。で終わるような施術であれば通う意味がありません。

何を基準として通院指導をしてくれるのか。

アドバイスをしてくれるのかが大切です。

筋肉?

関節?

靭帯?

あらゆる原因は考えられます。

その中でもどこに(筋肉or骨格or関節など)フォーカスしてbefore&afterを共有してもらえるかが大切です。

それを共有出来て初めて施術の第一歩が始まるからです。

ここは本当に大切なので何度かブログでも書かせていたいております。

カラダの情報を共有すること。

これが大切です。

忘れずにいておいてくださいね。

化石のような筋肉

2017年10月7日

筋肉が硬くなる原因

なぜ筋肉は硬くなってしまうのでしょうか?

先日、あるクライアントさんが筋肉が直ぐに硬くなってしまう。

夜、寝ているときに何度も足が攣ってしまう。

と施術中にお話になられました。

聞いてみると多くの方に当てはまる状態だったのでシェアさせていただきたいと思います。

肩こり、腰痛などを訴えられる方の殆どの方が筋肉が硬くなってしまっている状態で来院されます。

先程の繰り返しになりますが、なぜ筋肉が硬くなってしまうのでしょうか?

一面だけを見て考えるのではなく、様々な要素が絡み合って現在の状態を作り出しています。

疲労、姿勢、冷えなど様々な要因があると思うのですが、栄養面でも考える必要があります。

栄養面といっても、難しく考える必要はありません。

ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、そしてビタミンB群だけ抑えておいてもらいたいと思います。

そして実は水分不足に陥ってしまっても、筋肉の硬さが取れづらい状態になります。

血液で栄養や酸素を筋肉に運んでいるのですが、水分不足の状態になると血液の粘性が高くなってしまい、ドロドロネバネバしているような状態になります。

家に例えるのであれば、配水管が詰まってしまっているようなイメージですね。

血液の粘性が高くなってしまうことによって、血流も悪くなります。

疲労なども取れづらくなってしまうので、一番はやはり水分不足にならないように注意しましょう。

次にナトリウムとカリウムの二つのミネラルについてです。

ナトリウムとカリウムは筋肉の収縮時に働きます。

他にもナトリウムとカリウムは色々とカラダの仕組みを働かせるために必要なミネラルです。

ナトリウム・・・血圧の調整、神経の情報伝達、酸の中和、栄養素の吸収・輸送などに働いてくれています。

カリウム・・・血圧の調整、神経の情報伝達に主に働きます。

日本人はカリウム不足に陥りやすく、塩分(ナトリウム)の摂取が多く高血圧が多いと言われているのですが、実際には塩についての理解度が低く、ナトリウムだけを取ってしまっていて他のミネラル分を摂取することが出来ていないことによって、ナトリウム・カリウムのバランスを崩してしまっているケースが殆どです。

良い塩に巡り合うことによって改善できます。

これは本当に即効性が高いやり方なのですが、適量を心掛けることが大切です。

おススメの塩についてお話を聞きたい場合にはスタッフまでお声がけください。

次にカルシウムとマグネシウムです。

特にカルシウムは取りすぎてしまっていると、筋肉が縮こまりやすくなり、弛緩しにくい筋肉になりやすくなってしまいます。

カルシウムと相反する働きをしてくれているのがマグネシウムです。

慢性的なカルシウム不足と言われている昨今ではありますが、もしかするとマグネシウムの不足によってカルシウムが優位性をもってしまい、筋肉の硬さが生じているのかもしれませんね。

先日のセミナーでも、マグネシウム不足の話になりました。

ここでも塩について着目することによって、マグネシウム不足を補い重心バランスを改善するという選択肢をご教授していただきました。

姿勢不良を起こしている原因に塩があったとしたら盲点ですよね。

気になる方はお気軽にご相談くださいね。

本当に塩って大切なんだなと感じる一コマでした。

猫背は体温を守るため・・・

2017年10月6日

カラダの不調は姿勢に表れる

突然ですが質問です。

カラダの表面と内部はどちらの体温が高いと思いますか?

答えは、内部です。

カラダの中心部の体温=深部体温と言います。

深部体温は37度前後と言われていて、内臓や筋肉などに送る血液によって熱を循環させています。

手足が冷えている方などは概して深部体温が低い傾向にあります。

頭寒足熱とも言いますが、頭は熱を貯め過ぎないこと、手足には熱を伝えることが健康維持の為にも必要不可欠な要素となります。

体温には概日リズム(サーカディアンリズム)という、朝昼晩で少しずつ体温が上下動する時間帯があるのですが、なぜそのようなリズムがあると思いますか?

ヒントは、朝(起きた時)、昼(活動しているとき)、夜(寝る前で)で体温には変動があるということです。

朝や活動時間でもある昼には高くなる傾向にあり、寝る直前などは体温が低くなる傾向にあります。

これは体温の周期を作り出すことによって、カラダを活発に働かせようとしている時間帯と休ませようとしている時間帯を分けているからともいえます。

先日、ある妊婦さんから逆子について聞かれたことがあります。

なぜ逆子になるのでしょうか?

これも体温が影響していると言われています。

あるセミナーでのお話なのですが、「心臓に熱を求めようとして胎児が逆上がりをしてしまった状態が逆子だ!」というお話がありました。

若い女性にも増えている冷え性。

実は猫背も冷え性に関係している要素があります。

熱を逃がしたくないが為に、猫背を作り出して熱を守ろうとしている姿勢だというお話です。

確かに一理あります。

姿勢が悪くなると筋肉などが上手く働くことが出来なくなってしまうため、血流が悪くなります。

血流が悪くなることによって、血液で熱を循環させているシステムが機能しなくなってしまい、冷え性になってしまうため、熱がなるべく体内に留まるように猫背を作り出している。というお話でした。

猫背になってしまうことによって、様々な弊害が生じてしまいますが、一番の害を受けてしまっている面として、血液循環が挙げられると思っています。

猫背になることによって筋肉に負担が蓄積してしまい、筋肉ポンプで血液を送り出している仕組自体が破綻しかけてしまっている状態の方もいらっしゃいます。

下肢静脈瘤などが一例です。

そう考えると意外と多いですよね。

妊婦さんで静脈瘤になられている方は、ふくらはぎの筋肉ポンプの仕組みがうまく使えていないことによって、冷え性も関係してきます。

冷え性は逆子になりやすく、猫背にもなりやすいです。

簡単な体操ありますので、ご相談ください(‘ω’)ノ

有意義な時間【浜田山CAZU整骨院】

2017年09月4日

炭酸整体協会勉強会

昨日は業務終了後に炭酸整体協会の勉強会に参加をさせていただきました。

業務が15時まであり、最後のクライアント様が帰られたのが15時30分、片づけをして浜田山を出発したのが16時で勉強会会場である神田まで1時間ということで、後半の最後の1時間だけの参加だったのですが、有意義な時間を過ごさせていただきました。

協会員の皆さんの取り組みなどを聞いて参考にさせていただく部分が多数あり、多くの情報を吸収させていただきました!

情報に踊らされぬよう注意は必要ですが、無知は罪なりという先輩からの教えもあり日々学びを蓄積しております。

まだまだ道半ばですが、少しずつ炭酸整体の皆様にも還元できるようになればいいなと思っております。

僕たちの業界は閉鎖性が高く、職人気質の一匹狼の多い業界でもあります。

こうやって情報を純粋にシェアできる勉強会って実は少ないんです。

これをやりました。

どうなりました。

という数字や結果だけをお話をすることが多いのが自分たちの業界の特徴なのですが、炭酸整体協会では実体験を用いて失敗事例、成功事例などを包み隠さずにお話をしてくださいます。

もちろん当院の取り組みなどもお話をさせていただきます。

物事の本質について一緒になって考えたり 共に学んでくれる仲間です。

炭酸整体協会に入会当初に、自分自身の技術にどうやったら組み込むことが出来るかなどの提案などもしてくれました。

当院では骨格矯正をする際に刺激量が多く入りすぎないために炭酸ミストを用いて表層の筋肉の柔軟性を高めることで、より骨格に近い場所の筋肉などに刺激を入れやすくしようと工夫をしていたりしています。

炭酸スプレーを活用できる場をハイパーナイフやリアラインコアなどと、もっと有効的に組み合わせることが出来るようになればクライアントの方々へ結果として、更に還元できるんだろうなと確信しております。

技術があればOKという訳でもなく、集客やリピートなどクライアントに信頼して来院していただける環境づくりなども必要不可欠です。

環境面で整理整頓や清掃などに課題を残しているので、意識高く行動したいとおもいます!

懇親会の一コマを込山先生から拝借させていただきました笑

ひどい顔しているわ~笑

本当に痩せないとやばいレベルですね。

酵素ドリンクを試しているので、そのうち皆様にシェアをさせていただきます!

1 2 3 4 5 8