今までの経歴、プロフィールについて

2020年05月1日

当院のホームページブログをご覧いただきありがとうございます。

皆様に聞かれることが意外と多い、「なぜこの業界を選択したのか?」について今回のブログで紹介をさせていただければと思いまして、まとめさせていただきました。

幼少期

子供の頃から身体を動かすことが大好きな子供時代を過ごす。

頭を打つけて病院で検査をすること数知れず。

タンコブだらけの頭でした。

そして小学4年生ごろに、足の裏から甲側にかけて草刈り直後の鋭い茎によって貫通させるというケガを負いました。

田舎育ちの方だとイメージすることもできるかも知れないのですが、草の茎といってもサイズ的に小枝と変わらないような育ち方をしています。

その時の後遺症で左足の人差し指が変形しています。

足裏が使えていない状態が続いています。

この足からの蓄積は姿勢の歪み、重心の乱れは疲労が溜まっていたり、歩き過ぎると直ぐに腰痛や肩こりなどの症状として現れてくるので、足のケガを甘くみてはいけないと体感しています。

小学〜高校時代

そしていつの頃からか足首の痛み、腰痛を感じるようになってしまい、大好きだったサッカーをする機会も少しずつ減ってしまいました。

思い返すと、自分だけでなく膝の痛み、腰の痛みで悩んでいる友人たちが沢山いました。

自分自身もいくつもの整形外科や病院に通ったのですが、シップを処方されて終わり。

これではダメだなと通院を止めてしまった過去。

今思えば、対症療法の選択肢がどういった状態を生むのかは理解できます。

炎症期にはしっかりと固定、安静などを選択していればと思い悔みます。

過去は変えることはできないので、これから先のある若者には同じ思いはしてもらいたくないと考えるようになりました。

専門学校時代

そこで自分と同じような症状で悩む人のケアをするためにスポーツトレーナーを目指そうと考え、 この業界の学校に進学、国家試験に合格して資格を得ることができました。

この時期が本当に色々と大変でした。

学校が日暮里の近くだったのですが、群馬から毎日通学していました。

午前中から15:00くらいまでは群馬の整骨院でアルバイト研修を行い、その業務が終わってから都内に向かうという生活を3年間過ごしました。

この移動時間中は教科書を読んだり、参考文献を読んだりと充実していたのですが、学校が終わるのが21:00、そこからまた群馬に帰るために電車に乗ってという生活を繰り返していました。

帰宅する時間は毎晩24:00前後、人身事故などで電車が止まると02:00になった時もありました。

生活リズムも高校時代と打って変わってサボり癖が抜けたように思えます笑

この時期は本当によく勉強しました。

密度の高い時間を過ごす事ができて充実した学生生活だったのかも知れません。

学校のカリキュラム自体は最低でしたけれども、そのお話をすると長くなってしまうので止めておきます。

どうしても聞きたい方は治療現場にいらっしゃった際に聞いてみてくださいw

柔道整復師免許を取得後

無事に国家試験を合格230点満点中210点前後取れていたと記憶しています。

合格基準点が150点くらいだったので、余裕を持って合格できました。

その後、研修アルバイトをさせていただいていた整骨院グループにそのまま就職。

2年目には某ショッピングセンター内の整骨院立ち上げに携わりました。

その整骨院ではスタッフマネジメント、経営管理、技術指導などを経験させていただいて本当に勉強になりました。

スタッフさんも10名以上いるような状態だったので、色々と調整することの大切さも学べましたね。

その後、都内の整骨院立ち上げなどに協力をして、浜田山の地に開業したという流れです。

浜田山CAZU整骨院を立ち上げて

平成26年3月に浜田山にて当院を立ち上げました。

この整骨院のある場所は、叔父と叔母がブティックを開いていた地でもあります。

昔を懐かしむ声も時々ありまして感慨深いです。

多くの方に支えられて今があります。

当院治療理念でもある「患者様の健康と生命を第一とする」としています。

ご縁をいただいた方のこれから先の健康に大して責任を持つという覚悟の現れでもあります。

背骨の健康を取り戻すこと。

いい姿勢になることが健康になるということの伝道師として、背骨健康の普及に励みます。

これから

お陰様で専門性の高い研修、セミナーに参加する機会を得ることが出来ています。

常に最新の情報をキャッチしてバージョンアップしていく姿勢を持つことで皆様への治療へと還元できるようにしています。

そして今では、

「根本治療とはどういった意味を持つものなのか」を知る機会を得て、

「その場限りの痛みを取るということ」がどういった意味を持つことなのか、

一つ一つ理解できるようになってきています。

患者様にとって本当に大切な情報を伝えられる努力を惜しみません。

それと専門性の高い研修に行くと気付くのですが、そういった特別な場所で出会う先生方は、本当に学ぶ姿勢や行動が尊敬できる人が多く、 常に刺激を受けています。

そういった方々の多くは地域医療の担い手として責任を持った言動をしています。

自分自身も行動を鑑みて、正しい情報を多くの人に届けられるように発信し続けられればと思います。

2020.5.1

初診の方へのお願い

2020年02月17日

はじめに

当院のホームページをご覧いただき本当にありがとうございます。

ご縁を大切にさせていただき、ご縁が続く限り誠心誠意がんばらせていただきます。

「姿勢を整えることで人生を輝かせる」が出来ると本気で思い施術させていただいております。

自己紹介

最初に自己紹介からさせていただきます。

院長の萩原(ハギワラ)と申します。

よく「オギワラ3」と呼ばれることがありますが、萩冠と荻冠の違いを覚えておいていだけれると幸いです。

群馬県出身、1983年生まれとなっています。

整骨院という業界に入って早10年以上経っているので月日が経つのが本当に早く感じるのを感じる歳になってきました。

業界内でも多くの知人、友人がおりまして業界の最新の情報や正しい情報を得られるように日々の交流も盛んに行っております。

初診の方へ

まずは当院の理念・コンセプトのご説明からさせていただきます。

「姿勢を整える」を施術理念にしております。

姿勢とは骨格、すなわち骨組みを整えることです。

筋肉・関節なども重要視しておりますが、骨格を整えることで本当の意味での健康へと繋がると考えています。

姿勢を整え、重心軸を整え、骨で立つことをカラダに記憶させる。

体重を支える。

カラダを支える。

人生を支える。

とても大切な姿勢を整える。

この一連の取り組みが、より良い生活への道標となるよう日々の研鑽を欠かさずにしております。

コンセプトは「笑顔につなげる健康づくり」です。

痛みや不調で悩まれている方を笑顔にしてあげたい。

笑顔であれば周囲を明るくすることも笑顔を周りに広げることにも繋がります。

家庭円満、商売繁盛、全てが笑顔から生まれます。

症状、不調がないのは当たり前という価値観を育てましょう。

日々の生活を充実していただけるように「笑顔につなげる健康づくり」を提案させていただきます。

ご予約の注意点

当院はご予約優先制となっております。

予約無くご来院していただいても御案内が難しい状態が続いておりまして、ご理解のほど宜しくお願いいたします。

ご予約はお電話、公式LINEアカウントからご連絡をしていただき通院しやすい時間帯で御案内をさせていただきます。

初めて来院される場合は問診票の記入などがございますので、10分前には到着していただきます。

問診票は現在、過去にどのような症状・不調・お怪我・手術歴などを詳細に記載していただき自分自身の状態の振り返りをしていただくお時間となっております。

通院が始まり、定期的にご来院いただく場合にも予約時間の5分前にはご来院いただき呼吸を整えてから施術を受けられることをオススメしております。

施術時の服装

施術の服装ですが、ストレッチ性の高い素材が好ましいです。

ジーパンや革製品など硬い素材の物は施術時の動きの妨げになってしまい、施術の際に動きの制限をきたしてしまいます。

来院していただいたからには、施術のパフォーマンスを最大限有効にしてただきたいので是非気をつけられてください。

それと頚椎の配列を整える際などに、Yシャツやタートルネックなど首元を覆うような洋服ですと施術を行えませんのでご注意ください。

理想は運動を行う際に着るような素材の物を選択していただけると幸いです。

来院後の注意点

こちらは施術後にお渡しさせていただいているリーフレットをご参照ください。

特に施術後のパフォーマンスを最大限発揮させるためにはアドバイスをさせていただいた体操をしっかりと再教育していただければと思います。

動きをよりいい状態に記憶していただくためには、なるべく早めに復習をしていただけることが大切です。

是非お試しください。

分からない部分などがございましたら、お電話かLINEよりお気軽にご連絡をいただければと思います。

 

骨盤の使い方

2021年04月18日

仙骨を知ること

普段の座り方の中で背骨の土台となる仙骨の前傾、後傾を知る必要があります。

骨盤の後傾、反り腰などは一般の方も知ることが増えてきているように感じますが、仙骨の前傾・後傾になると意味不明ですね。

仙骨は背骨の土台でもあり、支配神経も重要な臓器と部位と命令をやりとりしています。

興味を持たれた方は「仙骨神経叢」で調べてみてください。

この仙骨のポジションが悪い方が非常に多いです。

腰が抜けている状態、軸が抜けてしまった状態ですね。

それが続いていると言えば分かりやすいかなと。

実際、仙骨を立てるサポートをすることによって、腰の伸びを感じる方が多いです。

開脚できるかどうかも一つの指標になります。

日々の生活の中で座っている時間の長い人ほど寿命が短いというデータもあるくらい座り姿勢のポジショニングは大切です。

怖いですね。

 

普段、ソファーにダラんと座っている、体育座りなど仙骨を巻き込んで座っている方がいらっしゃいます。

この仙骨が立たない状態が長年続いていると背骨の軸を失ってしまい、多くが腰痛という形で表面化してきます。

この腰の軸が抜けてしまった要因として「仙骨の後傾」があると記憶しておいてもらえると幸いです。

こういった座り方の方に多いのがカウンターニューテーション、仙骨が不安定感を作り出してしまった状態の座り方です。

それも座っている状態は立っている状態よりも背骨に掛かる負担も大きく、さらに座り方が悪いことで背骨への負担が倍々と増えてしまいます。

ぜひ覚えておいてほしい骨盤のポジショニングです。

正しく動かす。

その人に合わせた動きを再教育する。

普段から運動やストレッチをしているされている方でもポジショニングを間違えている方が多くいらっしゃいますね。

上の方にも書きましたが、開脚できるかどうかが一つのポイントです。

 

ぜひ参考になさってくださいね。

 

右脳と左脳の働きの違い

2020年09月6日

脳の左右差

動きの習慣によって右利きの方、左利きの方で左右差が生じます。

時々、逆手の方もいらっしゃいますが、多くの方がこの法則に従うことが多いですね。

怪しい話になってしまいますが、螺旋状の動きは細胞レベル、遺伝子レベルで作り出されているんだなぁっと思いを馳せてしまいます。

日々の臨床の中でも多くの気づきを得ることが出来るのですが、この差が顕著に現れるのは神経痛や脳梗塞などで神経が正常に機能していない時です。

三叉神経痛、顔面神経痛などの症状でお悩みの方は特有の表情を作り出します。

血管障害によって神経機能が低下してしまった方は、また違った表情筋の状態を作り出します。

この脳機能の左右差、動きの質の違いを考えると多くの気付きが得られます。

顎を開けようとしたときにクリック音が生じてしまう。

顎関節症などは左右差が顕著に現れた状態です。

この左右差が何故生まれてしまうのかを考えたりします。

顎とは離れてしまうのですが、ご一読ください。

それは大昔のご先祖様たちが生活の中から生まれた習慣から培われてきたものなのかなと。

大昔、人類が使ったのと同じような石を集めて石器作りをしたとするとイメージが付きやすいですね。

石器作りには「削られる石」と「削る石」があります。

削られる石は左手に、削る石は右手に持って、右手の石を振り下ろす。

振り下ろすときの角度や振り下ろすスピードは一定の方が作業しやすいですよね。

この同じ動作を繰り返すという動き、微調整を行う正確さを行えるように発達しました。

上手に削るためには左手の削られる石の位置や向きを微妙に調節して、振り下ろされてくる石が丁度よく当たる様にする。

この微調整をする機能こそが人類の手先の細やかさを作り出しています。

この作業の中で、「左手にこそ作られるべき石器のイメージ」があり、「右手は繰り返し同じようにひたすら振り下ろすという動作」を作り出すことが得意な分野に枝分かれしたと想像できます。

こんな動作の中には左手、従って右脳が図形イメージをつかさどる現在の役割分担との共通点が見えます。

右手は動きの再現性、微調整を行うことを得意とする。

この右利きのパターン化から歪みが生じてしまったことは、皆さんも薄々感じているのかなと思います。

まぁ逆パターンもあるので一概には言えませんが、このパターンから改善することって大切だったりします。

コロナで在宅ワークによって多くの方がカラダへの不調を感じる機会が増えています。

この機会に生活パターンの中から歪みの発生原因、根本原因を見つけ出すのもいいかもしれませんね。

呼吸を深めよう!

2020年04月30日

こんな時期だからこそ!

コロナウイルスによる様々な問題が噴出していますね。。。

外出自粛による行動範囲の制限、テレワークによる仕事の変化、経済的な不安など数え切れないほどの悩みが出てきていると感じます。

これまでは表面化してこなかった問題も一気に現れてきていますね。

当院でも患者さんから、しばらく通院を控えたいとお話しされる機会が増えてしまって、少し悲しいです。

現状、自動ドアと非常口を開けっ放しの状態で運営しています。

それ以外にも手指消毒、手や顔を接する部分の消毒の徹底などを行い対策を強めています。

ちょっと前置きが長くなってしまったのですが、こんな時期だからこそ呼吸の重要性についてお話をしたいと思います。

初診で来院される方の多くが、腰痛か肩こりを強く訴えられます。

細かく見させていただくと、特に「首回りの緊張が骨と間違えられる」くらい張ってしまっている方が見受けられます。

こういった部分ですね。

特にこの前面部分が硬くなってしまっていたり、首の前面にシワが集まってしまっているような方は要注意です。

首回り、肩周りの皮膚を引っ張ってみて皮膚に伸びがない状態、遊びが無いような方も注意です。

このような皮膚が硬くなった状態が長く続いてしまうと、筋肉の動きも妨げられますし、それが長く続くと関節の動きが壊れてしまい、変形につながります。

 

対策としては、首回りの保湿です!

ハンドクリームで十分なので保湿してください。

この保湿をしっかりと行っているだけで肩こりの予防にもなります。

それプラスで呼吸のトレーニングを行いましょう!

呼吸のトレーニング

今回の題目にさせていただいたのは、この部分です。

コロナによる自粛によって都内では、歩く機会が本当に減ってしまっています。

この歩く機会が減ったことによって、肩周りを動かす機会が減ってしまっていることにも繋がります。

歩くときに腕を振りますよね。

この機会が減ってしまっているんです。

動きが減ることによって、肩周りの筋肉が異常収縮を起こしてしまっている方も増えています。

それ以外にスマホやゲーム、パソコンの長時間使用に伴って本当に増えています。

スマホ首、ストレートネックがこの自粛で一気に増えてしまいそうですね。

日頃からお伝えしている頸椎の『斜角筋』の緊張がいかに大切かが改めてわかりました。

この斜角筋って本当に大切な部分です。

斜角筋は通常では緊張しない筋肉です。

この斜角筋に緊張が起きていると異常呼吸(肩呼吸)になっていますので、身体に酸素が入りづらい状態です。

呼吸が大きく深く入りづらい、上むきで寝れない、腹式呼吸が出来ないなどの方は要注意です。

まずは、自宅で膝を曲げて息を吸った時にお腹を膨らませて、吐きながら凹ませる訓練をこのステイホーム週間でキッチリマスターしましょう。

皆様の健康安全を心から願っております。

5月営業日カレンダー

2020年04月27日

いつも浜田山CAZU整骨院をご利用いただきありがとうございます。

2020年5月営業日カレンダーを作成しましたので、通院の目安になさってください。

5月3日から6日まではGW休みとさせていただきます。

コロナウイルスによる予約減少に伴って営業時間を短縮しております。

ご予約の方がいらっしゃらない場合には院を閉めている場合もございますので、ご予約の希望は前日までに当院公式LINEアカウントまでお願いいたします。

 

 

・集中治療期間 初診から3ヶ月 週2回ペースがベスト

・再発予防期間 3ヶ月以降 月2回が目安

・健康予防期間 状態に合わせて月1回が目安

 

通院頻度をご自身で決められてしまうと通院期間が大幅に長くなってしまう場合がございます。

どれくらいの頻度で通えばいいのかの目安になさってください。

コロナウイルス感染症対策について

2020年04月8日

非常事態宣言を受けての対応

いつも当院をご利用いただきありがとうございます。

4月7日に発令され「特別措置法に基づく緊急事態宣言」への対応について、こちらのブログにてご案内させていただきます。

整骨院・接骨院という医療類似行為という分類に当たる性質上、とても悩みました。

行政機関、保健所より「自粛要請」または「指示」があった場合には、もちろん従います。

非常事態宣言解除まで一度閉鎖することも考えたのですが、感染症対策に万全を期すことで営業を続ける決意しました。

対策実施中

そこで浜田山CAZU整骨院ではお客様に安心してご利用いただけるように以下の点を遵守しております。

・ご予約の方のみの対応とさせていただいております。急患などの際にはお電話、LINEにてご連絡ください。

・お客様同士が極力重ならないようなご予約の取り方、ご案内を提案させていただいております。

・現在、施術スタッフのみで対応

・朝、昼、晩の検温チェック、手洗いうがいの徹底

・施術時にはマスクの着用、午前と午後でマスク、施術着も取り替えております。

・患者様お一人お一人の施術の後は、必ず手を洗い・手指のアルコール消毒を行い常に清潔を保つよう心がけています。

・患者様が使用した後の施術ベッドは1回1回次亜塩素酸水によって消毒を行い、うつ伏せの際には、お一人ずつ使い捨てのフェイスペーパーを使用しております。

・患者様やスタッフが手を触れる所(待合室、トイレの取手、スリッパ、荷物カゴ、受付)などこまめにアルコール消毒を行っております。

・院内の感染予防対策として、自動ドア・非常口を常時換気を行っております。

・休憩時、業務終了後には次亜塩素酸噴霧器による院内消毒を行っております。

・万全を期しておりますが、ご指摘があればご連絡ください。

お客様へのお願い

ご予約日に「発熱がある」、「咳が出る」、「体調が悪い」と感じた場合にはお電話、またはLINEにてご連絡ください。

店内入口、受付にもアルコール消毒を設置しております。

指、手、スマホなども消毒してください。

ご来店時、ご帰宅の際にもアルコール消毒を行っていただけますようにご協力をお願いいたします。

ご自宅に帰宅された後は、なるべく早く入浴されてください。

ウイルス対策に一番有効なのは手、指先の手洗い消毒です。

そして粘膜部分を触らないこと。

口、鼻、目、耳を手洗い消毒前に触らないことで予防効果を高めることが出来ます。

そして一番は接触人数を以下に少なくすることが出来るか。

「人と人との接触を7割、8割減らすことが前提」と安倍総理もお話しされていました。

 

ご自身の身を守るために!

ご家族を守るためにも!

今できることをやり続けましょう。

 

 

4月営業日について

2020年04月2日

いつも浜田山CAZU整骨院をご利用いただきありがとうございます。

4月営業日カレンダーとなります。

コロナ問題で通院の足が遠のいている方もいらっしゃると思います。

ご予約時にお申し付けいただければ、他のお客様とのご予約時間を調整させていただきます。

貸し切り状態でご利用いただけますのでご活用ください。

 

コロナ対策に少量ですが、次亜塩素酸水をお裾分けさせていただいております。

お食事前、外出時に使用していただきコロナに負けないように頑張りましょう!

体調管理の面では「睡眠」が何よりも大切です。

睡眠時間の短い方ほど体温も下がってしまったり、免疫学上も弱くなります。

睡眠時間の確保、それとストレスを溜めないこと、そのためには姿勢を整えて痛みのない状態を当たり前にしていかなければなりません。

ぜひコロナに打ち勝ちましょう!

 

新型コロナウイルス予防のご協力お願い

2020年03月26日

当院の新型コロナウイルス感染予防対策について

お世話になっております。

コロナウイルスが猛威を奮っていますね。

都内では厳戒態勢ですね。

今週から当院もご予約時間を調整して、なるべくお客様同士が重ならないようにご案内させていただきます。

皆様もご自身の体調管理に努めていただき、最大限の自衛をしましょう。

 

首肩のストレッチとは?

2020年03月2日

首のストレッチは要注意

首や肩のストレッチってテレビや雑誌などでも色々と取り上げられていて、それを参考にされて行っている方が多いと思います。

肩こりに効果ありますよ!

頭痛を予防するためにもストレッチしてくださいね!

など大きく喧伝されていますね。

これって当たり前のように行う方がいらっしゃいますが本当は注意が必要です。

覚えておいてもらいたい事実があります。

首肩の症状の原因って考えられたことはございますか?

首回り、肩回りの筋肉が原因で起こっている症状は、あくまでも結果です。

結果と原因は別物です。

その原因を考えずにストレッチを闇雲にされていると逆効果になってしまうケースが多々あります。

例えば最近よく聞かれる「ストレートネック」と呼ばれている状態です。

ストレートネックとは、頸椎部分の軸のズレが起こしている骨格の問題です。

本来であれば、頸椎の前弯と呼ばれる弓なり状の骨の配列があって初めて頭の重みを支えることが出来ます。

それなのに、その前弯が消失してしまうと骨で頭の重みを支えることが出来なくなってしまうので、様々な症状が筋肉や靭帯などに生じてしまいます。

そもそもストレートネックとは、頸椎のすべての骨に軸のズレを起こしているわけではありません。

多くの方が一か所、もしくは二か所に軸のズレを起こしていることが多いんです。

それなのに対して当たり前のようにストレッチを色々と試しながら行ったり、過度に行ったりしてしまうと、歪みを起こしていない頸椎にまで過剰に動き始めてしまい、二次的な歪みや症状が発生してしまう原因にもなります。

ちなみに下の図は正常な頸椎のカーブを描いている図です。

(正常図)

それに対して下記の図は、軸のズレを起こしてしまっている図です。

頸椎で支えることが難しい状態が続いてしまうと、筋肉や靭帯などが正常に機能しなくなってしまい肩こりや頭痛の原因となってしまうという訳です。

(異常図)

この頸椎の軸をイメージ、もしくは考えてストレッチや体操を行っていないと背骨や健康にとって害となってしまいます。

特に人体の後面の筋肉にはストレッチは止めておいた方がいいです。

多くの方が猫背などの姿勢不良を起こしていて、後面の筋肉は普段から「伸ばされている状態」にも関わらず、さらにストレッチを行ってしまうことで筋肉のダメージを蓄積させる結果となります。

これって当たり前のようにストレッチが大切です。

と叫び続けている弊害でもありますね。

カラダは一人ひとり違います。

それを当たり前のように画一的に行うのはリスクです。

カラダの法則みたいなものはあります。

それは姿勢を正すこと。

背骨の柔軟性を保つこと。

これだけでも人生は明るく元気になります。

そのためにストレッチは過度に行わないように推奨しています。

 

続・感染予防対策について

2020年02月28日

続・新型コロナウイルス の感染予防対策について

浜田山CAZU整骨院ではお客様に安心してご来店いただけるように、下記の対策を実施しております。

・スタッフ出勤時の検温の義務化

・お客様来店時の検温実施

・施術ベッド、チェアを使用毎に消毒

・施術毎に手指消毒の徹底

・うがい手洗いの徹底

・次亜塩素酸にて空間洗浄

・営業後の空間洗浄の徹底

を行っております。

 

お客様におかれましては、

・37.5度以上の発熱、風邪の症状などがございましたら御来店前に必ずご連絡をください。

・受付、トイレにアルコール消毒液を設置しておりますので、ご来店時・お帰りの際にご利用ください。

ご不便をおかけしますがご理解の程、よろしくお願いいたします。

コロナウイルス対策サイトまとめ

①ファクトチェック(嘘情報チェックサイト)

https://fij.info/coronavirus-feature/overseas

嘘情報に惑わされないように注意してくださいね!

②感染症予防対策ハンドブック

新型コロナウイルス感染症_市民向けハンドブック_20200225

イラスト抜粋

藤田医科大学病院 小学生向けの解説資料

https://drive.google.com/file/d/1BmSMcCNqn7_37B0avjoI8t1H3SnCKlEk/view?fbclid=IwAR1qU9XTB4oKNCdFYFI770OgMnUPnj57kdSCvNaGWZy7Mp3OIFxabX5Lub0

是非ご一読ください。

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 45