リアラインコアの動画を撮影します【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月9日

こんなPOPをつくってみました!

どうでしょうか?

リアラインコアで動いている姿を動画で確認してみませんか?

って皆さんに知っていただきたいのでスタッフさんに協力していただき作成しました(‘ω’)ノ

before&afterを見ていただきたいのは勿論のことですが、のカラダの使い方を見て気づいていただきたいんです。

気付くことで意識することが出来るようになり、普段からの姿勢を気を付けるようになります。

無意識のうちに姿勢が崩れている方は、リアラインコアを巻いていただくと姿勢の変化にビックリされます。

大体3回ほど続けて矯正を行わせていただくことによって、最初と全然違う!というお声をいただけます。

3回ほど続けて撮影をさせていただけるとカラダの使い方の違いに変化がでてきますよ。

 

このリアラインコアをカラダに巻きながら動いていただくことによって、カラダの使い方や理想の姿勢に近づけながら矯正を行うことが出来ます。

動かしながら矯正できるって素晴らしいです。

今までにない画期的な矯正補助具なので、研修などで知り合いの先生がいたらおススメしているアイテムの一つです。

調べていただくと直ぐに出てくるのですが、野球やゴルファー、テニスのトッププロも使用しているアイテムです。

もっともっと沢山の方に知っていただければ嬉しいぁ~

シェアしてくださると・・・

もっともっと嬉しいです(‘ω’)ノ

産後の骨盤矯正でお悩みの方へ

 

仙腸関節炎って知ってますか?

2017年06月22日

ギックリ腰にもリアラインコア

仙腸関節という部分を聞いた事はございますか?

腰を何度か痛めた方などは、よく耳にされていると思います。

仙腸関節とは、骨盤にある関節部分のことを言います。

骨盤に強い圧迫力や回転力が加わり、関節に痛みを起こすことがあります。

最初は軽微な関節の引っ掛かりなどが原因になることが多いと感じます。

それを放っておいてしまったり、下手に動いてしまったりすることによって悪化させてしまい、症状が重症化してしまうと全身の様々な関節に障害を起こし始めます。

そして特徴的なのがシビレや放散痛です。

痛みによって関節が過敏になったり、関節の機能障害などを起こしてしまうことによって、太ももやふくらはぎ、足裏などにジワジワとしたしびれのような痛みを起こしてしまうのです。

一昨日くらいから初めて、この仙腸関節炎になってしまったなと感じました。

靴下を履こうとしたとき、左足に体重をかけようとしたときにジワジワとしたシビレのような症状が発生してしまったのです( ;∀;)

 

当院で行っている矯正をやりたいのですが、自分に出来ないことが難点です。

仙腸関節は腰椎の可動域と仙骨の捻じれをよくしてあげると一気に症状が緩和します。

悔しいのでリアラインコアで骨盤の捻じれだけでもリセットしてやりました!

仙腸関節炎の時にリアラインコアで骨盤を締めると仙腸関節に響いてくる感じがします。

関節のサビが落ちる感じですね。

クライアントの方でも仙腸関節炎と判断させていただいた際には、潤滑油を出してかみ合わせを高めるためにもリアラインコアをさせていただくことがあります。

ギックリ腰にもリアラインコア!

おススメです。

骨盤矯正、骨格矯正でお悩み解決のお手伝い

骨格を整える

2017年06月15日

皆さんの立ち方

皆さんは普段、足裏のどの位置に重心がきているか意識されていますか?

その場で足踏みを10回ほどしてみてください。

そのあとに片足立ちをしてみると実感しやすいのでおススメです。

内側ですか?

外側ですか?

つま先側ですか?

かかと側ですか?

どうでしたか?

バランスを崩されたりしませんでしたか?

立ち方の重心一つで体は大きく変わるんです(‘ω’)ノ

立ち方ひとつで未来を変えることができます。

実は・・・

内側重心であれば、土踏まずに体重を乗せることができるので、歩くたびに体調が良くなります。

逆に

外側重心だと、かかとまたは小指側に体重が乗りますよね。

こうなると脛の外側、太ももの外側に張りが生じてしまい、あらゆる不調の原因にもなります。

実際、外側荷重を続けてやってみると足が浮腫み始めて、どんどん重く感じるようになります( ゚Д゚)

ご自分の体でも実験してみてください。

ごくわずかな体の変化に敏感になることが大切です。

ちょっとした変化に気づける身体ほど、質のいい体ということでもあります。

コツとしてはゆっくりと丁寧に動かすこと!

動かしているところを感じ取ろうとするとゆっくりになります!

ご自身が納得できるまで動きを何回も繰り返してくださいね。

繰り返すほどにどんどん良くなってきます。

神経が繋がる感じですね。

子供のころ、自転車に乗れなかったのにコツをつかむことで、いきなり乗れるようになれる!あの現象と一緒です!

丁寧にゆっくりと繰り返して行うことで体は目覚めますよ!

まずは立ち方から始めてみてはいかがですか?

 

頭痛、肩こりでお悩みなら浜田山CAZU整骨院まで

肩甲骨と胸郭を整える必要性

2017年06月14日

骨格矯正、リアラインコアを組み合わせることで

肩甲骨と胸郭を整えることで、呼吸を安定させることができます。

骨格矯正とリアラインコアを組み合わせることで肩甲骨と胸郭の動き、働きが大きく変わります。

特に首肩回りに力が入って抜けない方。

肩こり、首コリで長く苦しまれている方ほど喜ばれています。

骨格矯正はバージョンアップを常に重ねています。

最近では呼吸が楽になったというお声も頂戴しています。

実は呼吸を安定させることって、とても大切なんです。

身体を整えるために、習慣化させたいこと、覚えておいてほしいことが2つあります。

呼吸と歩行です。

この2つは習慣化されやすく、例えば歩行も同じ歩幅で歩こうとしたときは、最初の1歩を意識して10歩ほど歩いてみてください。

すると歩行を長時間していても、最初の歩行リズムを身体が覚えてくれるんです。

まずは1歩~10歩ぐらいまではきれいなフォームを意識して歩いてみましょう。

これと同様で呼吸も浅い呼吸が続いてしまうと「ため息」でリセットしようとします。

しかしため息ををついてしまったということは、浅い呼吸を続けてしまっていたことです。

一度、深呼吸でリセットしてみましょう。

呼吸は唯一、自身でコントロールできる自律神経の調整法でもあります。

特に女性は胸式呼吸が習慣化されている方が多く、さらに酷い方だと呼吸補助筋とも呼ばれる首、肩回り周辺の筋肉まで動員させてしまいます。

胸式呼吸から腹式呼吸へと意識もチェンジさせましょう。

呼吸補助筋として働く筋肉を紹介させていただきます。

吸気時には

・胸鎖乳突筋

・前斜角筋

・中斜角筋

・後斜角筋

呼気時には

・内肋間筋

・腹直筋

・内腹斜筋

・外腹斜筋

・腹横筋

といった筋肉が呼吸時に補助的に用いられます。

疲れた時に使用されたりしますね。

本来の働きの目的としては呼吸困難時、深呼吸など深い呼吸をするとき、負荷の高い運動をしたときに使用されるのですが、呼吸が浅すぎて使わなくなってしまっても動きが悪くなってしまう部分なのです。

吸気時の筋肉が首肩回りに集まっており、肩こり・首コリの原因などにもなります。

疲れた時ほど呼吸を意識して体をリセットしてみましょうね(‘ω’)ノ

リアラインコアと相性よさそうです

2017年06月11日

肩甲骨をリセット

木曜日から当院で使い始めました!

コアトレーナー

どうですか?

面白い商品です。

直観的にリアラインコアと組み合わせたいと思いました。

リアラインコアを巻きながら組み合わせて行うことによって肩甲骨、肋骨などの捻じれをリセットしてくれて、更にウエストのクビレを作り出すというシロモノです( ゚Д゚)

これだけでも体の軸を整えることができそうですが、リアラインコアと組み合わせることによって捻じれの矯正が行えるなと即買いしてしまいました。

このアイテムのいいところは中心部に首を支える形の凹みがあって無理な姿勢にならないところです。

首の悪い方などは、この凹みがあることによって無理なく体操が行えるので重宝するのではないかと思います。

当院までお越しいただければ実践できますので、お気軽にご連絡ください。

すっきり炭酸ミスト

梅雨に入って湿度が高まってますね( ;∀;)

不快指数もきっと高いんでしょう。

院内の湿度を測ってみたら湿度80%越え・・・

実は梅雨時期は浮腫みやすい時期でもあるんです。

天気が悪い時や雨が降る時、気圧は下がっています。

梅雨は一年の中でもとくに気圧が不安定な時期です。

短い間に気圧が変化すると、身体をコントロールしている自律神経が乱れ、血流が悪化してしまいます。

血の巡りが悪くなることで細胞に溜まった余分な水分が排出されず、むくみやすくなるのです。

そして高い湿度も浮腫みやすくさせてしまいます。

人は本来、汗が蒸発する際の熱放出を利用して体温を調節しています。

しかし、湿気が高いことによって汗が皮膚の表面から蒸発しにくくなってしまいます。

そうすると汗をかきにくい状態になってしまい、水分を体内に溜め込んだ状態となります。

炭酸ミストは皮膚環境を整えること、血流をコントロールすることの両面をコントロールすることができます。

まさにこの時期に最適なアイテムです!(^^)!

自分もクライアントの方に炭酸を吹きかけながら、自分にも吹きかけてます笑

この時期のキャッチコピーは「炭酸ミストでスッキリ爽快!」です( ゚Д゚)

お読みいただきありがとうございました。

骨盤の法則

2017年05月19日

利き足と軸足の法則

利き足とは、動作の主体となる足のことをいいます。

例えば、サッカーなどでボールを蹴る側の足です。

他にも、最初の一歩を左右どちらの足を最初に出すのか?で確認をすることもできます。

利き足、軸足を知ることによって、筋肉のクセ、骨格のゆがみ方などの特徴を知ることもできます。

利き足側の筋肉は、どちらかというと前面の筋肉が発達しやすいといわれています。

軸足側の筋肉は、その逆で後面の筋肉が発達しやすいです。

人間はなるべく多くのエネルギーを使用しないで過ごしたいな。と本能的に知っています。

楽をしようとしている訳でもなく、動きを最小限に抑えるクセを身につけています。

その反面、運動を頑張りすぎてしまったり、疲労が溜まってきたりすると、その筋肉のクセによって蓄積してしまいます。

利き足側でいえば、前面の筋肉が疲れやすくなります。

軸足側でいえば、後面の筋肉が疲れやすくなるといった具合です。

その予備知識を活かしてストレッチなどをしていただけると効果アップできますよ!(^^)!

正中線に軸を合わせましょう

骨格はなるべく正中線に合わせて左右に歪みが無い状態が理想です。

正中線に近ければ、筋肉の硬さやコリなどは生まれにくくなります。

逆に正中線よりも遠い筋肉には硬さやコリなどが生じやすくなりますよ。

しかし、体には筋肉や骨格だけではなく内臓や神経の分布などもあります。

内臓は左右均等に配置されている訳ではありません。

心臓は正中線よりも左に位置し、肝臓は右に位置します。

肋骨も右と左では位置も高さも違うようにできています。

それでも、なるべく左右均等に体を使えることによって、関節を消耗しづらい状態にできます。

この関節の消耗度で考えた時には、なるべく左右均等に使えるといいですね。

左右均等に使うためのトレーニング機器が、リアラインコアです。

リアラインコアの動画を紹介させていただきます。



骨盤と胸郭(背骨と肋骨)を整えるリアラインコアです。

動きの質を高めて、左右均等に体を使えるように教育することができます。

ゴルフやテニス、卓球やバトミントンなどは動きのクセ、利き足や軸足のクセが生じやすくなってしまっています。

これをリセットするためには、立ちながら動きを矯正することができるリアラインコアって、とても魅力的なアイテムなんです!

ぜひ一度、ご来院されてみてくださいね ^^) _旦~~

骨盤矯正、骨格矯正でお悩み解決のお手伝い

人類の進化と姿勢

2017年03月22日

お猿さんからの進化?

こんなイラスト見たことありませんか?



人間の進化過程をイラスト化したものです。

4足歩行に近い形から始まって、二足歩行を獲得し、そして完全二足歩行になります。

しかし進化過程の一つなのかもしれませんが、姿勢が崩れてしまい歩行時に膝が曲がってしまったり、背中が丸くなったりし始めましたね。

よくクライアントの方にどういった姿勢が良いのですか?と聞かれるので一つの目安をイラストにてご紹介させていただきます。



簡単にご説明させていただくと、耳・肩・骨盤・股関節・足首に体重が載るように重心が定まっているかがポイントになります。

これが前後差、左右差がある状態だと姿勢が崩れてしまい、”骨で体重を支える”ことが難しくなってしまい筋肉や関節に負担が蓄積してしまうという状態が現れます。

筋肉で体重を支えようとすると筋肉は本来の働きが出来なくなってしまい、関節の動きの悪さを感じるようになります。

昔よりも柔軟性が低下したかな?というのも姿勢が崩れたことによって起こっているケースが大半です。

筋肉を固くして姿勢を支えようとするので、肩こりや腰痛などの際に肩周りの筋肉が硬く感じたり、腰回りの筋肉が張っているように感じてしまうわけです。

筋肉が硬い側の骨が体重を支えるのが苦手ですというサインでもあります。

リアラインコアで正しい姿勢を取り戻す!

クライアントの方にリアラインコアを巻いていただくと多くの方が「これが正しい姿勢ですか!?」とお話されます。

そうなんです。

基準となる姿勢を知ることによって、悪い記憶をリセットする一歩を踏み出すことができます。

目線の高さ、姿勢の変化を感じながら受けていただけるので記憶に残りやすく、姿勢の良い状態が長続きします。



正しい姿勢で体操などを行うことによって、悪い状態で記憶されてしまっている動きもリセットできます。

ただリアラインコアだけでOKという訳ではありません。

リアラインコアは、あくまでも運動補助具という位置づけです。

やはり一つ一つの関節に動きをつけていくことも大切です。

正しい動きをマスターするためには背骨の柔軟性、肩甲骨や骨盤の正しい動かし方を学ぶ必要性があります。

そうすることによって関節の引っ掛かりを上手に取れれば、お身体は一気に動かしやすくなりますよ。

一度体験されることをおススメいたします!

炭酸整体なら浜田山CAZU整骨院 浜田山駅から徒歩2分

リアラインコア

2017年03月16日

リアラインコア理論

リアライントレーニングは、関節のアライメントの修正のより、理想に近い関節運動を獲得する事、そしてその結果として関節が最高のパフォーマンスを発揮できる状態を維持するためのトレーニング法であると定義されています。

姿勢が悪い状態や痛みが生じている状態で関節運動を行うと、関節にはズレや歪みが生じます。

その状態で使い続けてしまうことによって関節疾患を起こしてしまい、痛みが固定化されてしまうと考えます。

それだけでなくアスリートの外傷予防、パフォーマンスアップにも正しい使い方理論は必要です。

症状や発症後に出現した機能低下については、関節のアライメントが乱れている状態とも言えます。

 

体を家と考えた時に、骨盤は土台や基礎、背骨を大黒柱とクライアントの方々にはお伝えしております。

肋骨が梁、血管が上水道や下水道、神経が配線という具合です。

家のゆがみが雨漏りの原因である場合、床を拭いても雨漏りの原因を改善できるわけではありませんよね。

必要であれば基礎や大黒柱から直していかなければ雨漏りを直すことが出来ないかもしれません。

家のゆがみの状態と歪みが生じてしまった原因を把握することで、対策を施すことが出来ます。

お身体も同様の手順で原因を知ることがポイントです。

痛みに対してマッサージをするだけでなく、痛みの原因である部分を探し出すことが大切ですね。

組織損傷

痛みとは様々な種類があります。

その多くは軟部組織の損傷を伴うことが多くあります。

組織損傷とは組織断裂、微細断裂、瘢痕化、阻血性壊死などが含まれます。

ゆがみのある状態でスポーツなどを行うと、関節運動や筋収縮により組織に過大なストレスが加わってしまい、組織損傷に関連した炎症症状が発生する可能性があります。

亜急性外傷と言うこともできるのですが、繰り返し同じように痛めてしまうのは使い方の誤りが多くの原因です。

比較的軽微なストレスが繰り返し蓄積してしまい、慢性的な痛みや退行性変性を起こしてしまい回復するまでに時間が掛かってしまいます。

痛みを何度も繰り返してしまっている場合には動きの再教育化が必要不可欠です。

鍛える前に整えましょう!

健康寿命を延ばしましょう!

2017年03月3日

筋肉量が減る恐怖

サルコスペニアってご存知でしょうか?

ギリシャ語が語源で筋・筋力の低下(サルコ)、消失・減少(ぺニア)という意味です。

”筋肉量が減って筋力が低下し身体能力が落ち、歩きづらい、立ち上がれないなど日常生活に支障をきたしてしまう状態”を言います。

寝たきり予備軍と表すこともあります。

若いうちから気を付けていただきたいのですが、ちょっとした段差でつまづいたりしたら予備軍かもしれません。

加齢とともに衰えると言われている身体機能。

普段から気を付けておきたいことなどをお伝えできればと思います。

普段からの運動習慣と姿勢

無理をしない運動が大切です。

筋肉は疲労が回復する過程で強くなると言われています。

負荷を掛け続けるよりも3日に1回程度の運動などの方が効果的だったりします。

1週間続けて運動をすれば筋力が付くというものではありません。

それ以上に運動時の姿勢などを気を付けていただくだけでパフォーマンスアップを図れます。

体操をしている時の姿勢

歩いている際の姿勢

立っているときの姿勢

の重心を意識していただくだけでお身体の使い方が変わります。

そして骨で立つという意識を高めることが出来ます。

特に気をつけたい年代層

当院のクライアントの層としては30代~60代の方が多いのですが、普段から運動をされている方は少ない印象です。

問診票に何か運動をされていますか?という欄があるのですが、ほとんどの方がノーマーク。。。

自分自身も運動量は少ないので何とも言えませんが・・・

週1回の運動をされるだけでも体質改善に繋がります。

出来るだけ若いうちから筋肉量を意識した運動や体操などを生活習慣に取り入れて頂けると良いですね。

ちなみに・・・

30代以降は年1%の割合で筋肉量は減少していくというデータがあります。

男性の筋肉量のピークは27歳前後

女性の筋肉量のピークは23歳前後

と言われています。

20代のうちから運動や体操をされた方が良いということですね。

ちょっとした段差でつまづいたら・・・

40代以降の4人に1人ぐらいの割合でサルコスペニアの予備軍です。

無意識でいると、いつの間にかサルコペニア=寝たきり予備軍になってしまいますので、対策として食事法や簡単な運動、体操を取り入れてサルコペニアを予防することが大切です。

筋肉からのアンチエイジング対策をしていきましょう。

簡単なチェック項目があります。

  1. 片足立ちで靴下がはけますか?
  2. いすに座り、片足で立てますか?
  3. 片足立ちで60秒キープできますか?

上のチェック項目のうち、1つでも「いいえ」の回答があった場合は、下半身の筋力が低下している可能性があります。

握力の測定、歩行速度から判定する方法もあります。

●握力:男性で30kg、女性で20kg未満となった場合、筋力の低下が疑われます。

●歩行速度:横断歩道を一信号で渡りきれなくなったら、要注意です。

歩行速度0.8m/秒以下=1分で50mを歩けなくなったら注意です。

目安として覚えておくといいと思います。

年齢とともに劣化する場所は?

加齢とともに高齢者の身体に見られる変化が明確に表れる部位は関節と言われています。

年齢とともに膝、腰などの関節を組織している軟骨部分などに変性が生じてしまい関節の機能が低下してしまいます。

痛みを感じ、歩く量が減ってしまい、外出を控えるなど日常生活の制限をきたしてしまうことで更なる悪循環を生み出してしまいます。

鍛える前に整えておくことが大切!

悪循環を改善しようと運動を始める方が多いのですが、一言アドバイスをさせていただくと鍛える前に整えておくことがポイントです。

この順序を逆にしている方が多く、関節を痛めてしまうケースが増えています。

関節が歪んだ状態で運動などをしてしまうことで使い方の誤りから関節を痛めてしまうという状態です。

リアラインコンセプト

当院ではリアラインコンセプトという考え方を取り入れています。

リアラインコンセプトとは?

簡単に言うと・・・

歪みのある状態でトレーニングを行っても、関節にダメージを与えたり、筋のバランスの悪い発達を促してしまう可能性があります。
リアライン・トレーニングとは、関節の歪みを的確に修正し、適切な関節を持続させ、パフォーマンス向上や再発予防につなげるトレーニング理論です。

いかがでしょうか?

お身体の状態を改善するためには、姿勢と動き方の基本を身に付けることが大切です。

それをサポートするためのアイテムを揃えております。

お気軽にご連絡ください。

骨格矯正×骨盤矯正なら浜田山CAZU整骨院 浜田山駅から徒歩2分

浜田山CAZU整骨院の受付周りの紹介

2017年02月24日

受付周りの掲示物

当院の受付周りの掲示物、POPのご紹介をさせていただきます。

まずは・・・

当院で扱っている商品のご紹介コーナーからです。

けんこう枕(29,800円)、ABサポーター(12,980円)炭酸ミストスプレー(炭酸整体協会公認)(2,160円)、炭酸ミストスプレー(ルーブルドー製)、炭酸ヘアコンディショナー(1、944円)などの展示をさせて頂いております。

その他にもリアラインコア(矯正ベルト)の考え方の本、ABC整体の本などをご紹介させていただいております。

そして柔道整復師の免許状も掲示させていただいております。

免許を取得して早10年・・・

月日が経つのは早いものです( ゚Д゚)


炭酸整体についての説明を待合室に置かせていただいております。

炭酸整体の仕組み、作用などを記載しておりますので受付にてご覧いただけるとありがたいと思います。


そして皆様の声を受付でも募集をさせて頂いております。

スマホをお持ちでない方でも書いていただければ○○をプレゼントさせていただきます。


ぜひたくさんのお声を頂戴できればと思っております。

浜田山CAZU整骨院を利用してよかった!というお声をたくさん頂戴出来るように日々改善に取り組んでおります。

もっとこうしてくれたらいいのに!

これが不満だ!

これはすぐに直した方がいいよ!

そんなちょっと厳しいお声も是非頂戴したいと思っております。

もちろん不調から解放されて嬉しかったこと、こんな事がありました!というお声は大歓迎です(笑)

皆様のお声の中から気づき、発見があります。

ご理解ご協力、宜しくお願いいたします。

リアラインコアとは?

当院をご利用していただけた方はご存知かと思います。

リアラインコアという矯正ベルトのことを今回はご紹介させていただきます。

簡単に説明をさせていただくと「理想的な運動機能を獲得させるための運動補助具」となります。

腰痛や肩こり、猫背などを起こしてしまっているお身体の状態は総じて「動きの質が悪いこと」、「使い方を誤ってしまっていること」が原因として考えられます。

浜田山CAZU整骨院では「お身体の使い方の誤りによって起こってしまうのではないか?」という部分を矯正できるアイテムとしてご提案させていただいております。

特に回旋(身体を捻る動き)に対して、多くの方が変化を実感していただけております。

歪みからくる痛み、ケガからの悪習慣「体のクセ」を修正し、 正しいからだの動きを取り戻します。

簡単に言うと、正しい動きを教育する。ということです。

正しい動きを覚えさせるため、立ちながら運動を行うことが出来るということがリアラインコアの特徴です。

多くの整体院ではベッド上でマッサージや矯正をしていますよね?

ほとんどの方が重力を無視して行ってしまっています。

ベッドから立ち上がった瞬間に、再度ゆがんでしまっているケースもございます。

立ちながら矯正が出来るというメリットはこの重力を味方につけて矯正を行えるということです。

これだけでも多くの利点があるのですが、質の高い動きを覚えさせながら行えることで深部の筋肉(インナーマッスル)が働きやすい環境へと整えやすくなります。

このインナーマッスルが本来の働きを取り戻した時、お身体の動きの変化は明らかに軸が定まった!というお声もいただいているくらいです。

特にゴルフやテニス、卓球などのゆがみが生じやすい競技を長年行っている方ほど実感していただけます。


逆に初めて使用していただく方のお話を聞いてみると様々なご意見をいただくことが出来ます。

・身体が引き締まった感じがする

・重心が上半身に引っ張られている感じがする

・背中が伸びた

・足元がふらつく感じがする

・下半身がふわふわする

などのお声を頂戴することが出来ます。

リアラインコアの目的

リアラインコアの使用する目的を再度確認させていただきます。

骨盤    歪んだ骨盤を対称化、安定化

胸郭    下位胸郭を対称化、拡張改善

運動学習  脳と筋肉が理想の 動きを学習

といった目的で使用させていただきます。

骨盤あたりに装着していただき足踏み、歩行、スクワットなどを行うことで骨盤が左右対称な状態に誘導されます。

胸郭(下部肋骨)あたりに装着して深呼吸、後屈運動、回旋運動、上肢の運動などを行うことで、徐々に胸郭の下部が左右対称に拡張しやすくなります。

鍛える前に整える!を合言葉に一度リアラインコアを体感してみませんか?

骨格矯正×骨盤矯正なら浜田山CAZU整骨院 浜田山駅から徒歩2分

1 2 3 4 5 6 8