ひざ下を緩めるって大切【浜田山CAZU整骨院】

2017年07月14日

ふくらはぎは第二の心臓

ふくらはぎの筋肉って大切です。

この部分(下腿三頭筋=腓腹筋外側頭、腓腹筋内側頭、ヒラメ筋)で血液を心臓に戻すためポンプの働きを行ってくれています。

静脈瘤になってしまう方は、踵の骨が傾いてしまって腓腹筋の外側頭、内側頭が上手に使えずに負担が蓄積してしまっていたり、重心が崩れて前のめりになっていることによって常に筋肉を固めている、緊張をさせている状態でいるとポンプ作用が機能せず血管などに負担がかかってしまいます。

筋肉は骨に付くのですが、この付着している部分や筋肉の形が大切なポイントになります。

関節の動きを作り出しているのが筋肉です。

筋肉の形によって働き方が決まります。

筋肉の形状を3次元的にイメージすることって大切です。

ふくらはぎの筋肉を貼らせていただきます。

後面から見ている図

内側から見ている図

外側から見ている図

ふくらはぎの筋肉だけを見てみると、内側と外側で走行しているラインが違うのがわかります。

これは脛骨、腓骨という二本の骨によって下腿部(ふくらはぎ)が構成されていることによって筋肉の走行も変わってきています。

ちょっと伝わりにくいかもしれませんが・・・

内側は骨性支持、脛骨によって体重を支えることを得意としています。

外側は筋肉による運動を優位に働き、機能面に特化しているような形になっています。

特に腓骨は足関節の底背屈運動(足首を反らす、足首を下げる動き)に伴って、背屈時に外旋、底屈時に内旋という動きを作り出しています。

足首を捻挫してしまって、関節の動きがスムーズに回復できない場合などは、この腓骨の内旋、外旋という動きが制限されてしまって固定化されているケースがあります。

足首の動きが悪いなぁって感じている方は、なるべく早期に施術を受けられることをおススメいたします。

放っておくと全身のバランスを崩してしまう原因にもなりかねませんからね。

足首のバランスが崩れている方の多くに、この下腿部の捻じれが生じてしまっています。

この脛骨、腓骨の動きをイメージしながら動きをサポートするだけでも筋肉は一気に柔らかくなりますよ。

筋肉が柔らかくなることによって、関節の機能面が高まり、構造も整えられます。

ぜひ、ひざ下を整えて全身のバランスを整えましょう!

足首から身体を整えましょう!

LINEのお友だちに追加されてください!

LINE限定で骨盤体操、椅子の座り方アドバイス動画をプレゼントさせていただいております。

友だち追加

暑い中、ありがとうございます【浜田山CAZU整骨院】

2017年07月9日

猛暑が続いてますね

連日30度を超える気温、水分補給はもちろんのこと、体温の上昇にも気を付けてくださいね( ^^) _U~~

熱中症は気温が高いこと、湿度が高い時期に起こりやすくなります。

自律神経が乱れてしまっている方は、特に注意が必要です。

体温が上がっているのに身体が気が付かない状態になってしまっているケースもあります。

本来、体温調節中枢でもある視床下部という部分がコントロールしてくれているのですが、首回りに肩こり、頭痛などを起こしてしまっている方は、うまく働くことが出来ずに調節機能が落ちやすい状態になっています。

もし熱中症になってしまったら、首回り・両脇・鼠径部など大きな動脈が通る周辺を冷やすことによって、体温を冷やすことによって症状を安定させることが出来ます。

子供やお年寄りなどは特に注意を払ってあげてくださいね(‘ω’)ノ

子供の場合は、自分の状態をどうなっているのか伝える術を持ち合わせていたいため、そういった自分の状態を伝える、詳細に自分の状態を言語化できるようになるのは小学校5年生程度の年齢にならないと難しいとも言われています。

お年寄りの場合は、トイレが近くなることを嫌い、水分補給を怠ってしまうことによって熱中症を発症しやすくなっていしまいます。

そして水分とともに、塩分もなるべくとるようにしましょう。

減塩の意識が高まるにつれて、普段は塩分を控えていらっしゃる方が多いので注意を向けてみてくださいね。

首コリ、肩こりでお悩みなら浜田山CAZU整骨院

昼寝をしましょう【浜田山CAZU整骨院】

2017年07月8日

昼寝でリセット

昼寝をする際にも大切なポイントがあります。

昼食後などには、長い時間の昼寝は避けましょう。

睡眠時間は、昼夜の合算で計算をしていただきたいのですが、大切なのはやはり夜です。

出来ることなら22:00~2:00くらいの間は、目が覚めずに寝ている時間を確保していただければと思います。

この22:00~2:00の間は、ゴールデンタイムとも呼ばれ、成長ホルモンなどの分泌も増えて、筋肉などを回復させるのに大切な時間帯とも呼ばれています。

その夜の睡眠を妨げる原因として昼寝があるかもしれません。

一度、お昼寝について書かせていただきたいと思います。

お昼寝をする際の理想の時間は20分以内、できれば30分以上とらないこと、16時以降の昼寝を避けることなどを気を付けていただくことで、睡眠の質を高めることが出来ます。

もし、このような状態であれば注意が必要です。

・夜、何回も目が覚めてしまう「中途覚醒」

・早すぎる時間に目が覚めてしまう「早朝覚醒」

こういった状態は睡眠の質を低下させてしまっている要因が必ずあるはずです。

もしかすると30分以上、16時以降の昼寝が原因かもしれませんね。

睡眠の質が高まることによって、疲労の回復も助けてくれます。

ちょっと意識されるだけでも、睡眠の質を高めて体の疲労を回復させることができますよ(‘ω’)ノ

 

首コリ、肩こりでお悩みなら浜田山CAZU整骨院

痛みや不調を感じたら【浜田山CAZU整骨院】

2017年07月6日

きっかけです

何度か書かせていただいていることなのですが、痛みや不調は体からのメッセージでもあります。

実は痛みや不調って「今までの生活、仕事、運動、睡眠などの習慣が悪い状態ですよ。」というサインです。

習慣を直さなければ、再発する可能性がありますよ。ということです。

身体の原理原則って実は簡単なんです。

悪い習慣を改善してあげることによって、身体を組み立てなおすくらいの意気込みが必要だったりします。

習慣化させるために3か月という期間がポイントになります。

3か月続いたものは、その後も続けることが出来るという法則があります。

行動習慣(1ヶ月)→身体習慣(3ヶ月)→思考習慣(6ヶ月)というものです。

身体、脳には「新しいものを拒絶する」、「従来の習慣を維持する」という特徴があります。

それを上書きするためにも、この期間を意識して行うことが大切です。

この思考に陥っていませんか?

先日、知り合いの先生のFacebookを拝見させていただいて、このような文章がありました。

物事を否定的に捉える方は、治りにくい。

物事を肯定的に捉えられる方は、治りやすい。

というものでした。

確かにその通りです。

痛みがある状況は「今」に問題があるのではなく、過去に問題があるということです。

痛みばかりに囚われてしまうことで、良くなっている部分に目を向けることが出来ずに、身体をイジメてしまいます。

とりあえず、「今を許す」ことで痛みを一旦置いておくことが大切です。

痛みを追い求めてしまうのではなく、過去の自分を反省し許すことで、新しい自分への第一歩を踏み出すことが出来ます。

若干、自己啓発系のお話になってしまいましたが、本質はそういった部分を秘めています。

ちなみに、「力が抜けないという方」に限ってネガティブな思考に陥りやすく感じます。

マッサージなどを受けていて「力を抜いてくださいね~」ってお姉さんに優しく言われたことがある方は、ネガティブな思考に陥っているかもしれませんのでご注意ください(‘ω’)ノ

 

炭酸整体でスッキリ爽快!

ストーリーになっていますか?【浜田山CAZU整骨院】

2017年07月2日

いつから痛み始めましたか?

一人ひとり症状、状態が全く違います。

腰が痛い人

首が動かない人

肩がつらい方

股関節が動かない人

など、皆さんそれぞれの症状、状態をお持ちです。

例えば、腰が痛いという方。

いつごろから痛むのか?

それが1週間前から痛むのか?

3か月前から痛むのか?

5年前から痛むのかによって全く違ってきます。

症状のとらえ方、検査法の仕方なども違えば、全く違う原因というケースもあります。

そこまでどういった形で時間が経過していたのか?

人それぞれのストーリーがあるはずです。

クライアントの方がどのような生活をされているのか?

どういった時に不調を感じやすかったのか?

何がきっかけで悪くなったと思うのか?

そういった視点を共有していただくことによって、その原因に対してアプローチすることが出来るようになります。

そういったストーリーを自分の言葉で伝えることが出来れば、施術者側にも選択肢が広がります。

痛いからどうにかしてください。。。

だけでは、情報が少なすぎて、申し訳ありませんが結果を出すために、お時間が必要かもしれません。としか言いようがありません。

伝えていただきたいこととしては、

どこの部位が、いつ、どこで、何をしていたら、どうなったのか?

そして

どれくらいの期間悩んでいたのか。

どういった時が大変だったのか。

最後に

どうしたいのか?

どうなりたいのか?

を伝えていただけることによって、そのための選択肢をお伝えすることが出来ます。

全てお任せ!

ではなく、お互いに歩み寄ることも大切ですよ。というお話でした(‘ω’)ノ

 

炭酸整体でスッキリ爽快!

健康の定義【浜田山CAZU整骨院】

2017年07月1日

バランスが保たれている状態

WHOの健康の定義について

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)

 

と定義されています。

肉体的、精神的、社会的にも満たされていなければ健康ではないという解釈です。

デキムス・ユニウス・ユウェナリス(60年 – 130年)が綴った詩集の中にだれでも聞いた事がある言葉があります。

ちなみに、この方は古代ローマ時代の風刺詩人、弁護士だったそうです。

「健全なる精神は健全なる身体(しんたい)に宿る」

聞いた事があるような、ないような・・・

フレーズは聞いた事があるという方もいらっしゃると思います。

一説によると、誤訳が重なってこのような言葉になったそうなのですが、確かにその通りだなと思うことがあります。

以前、務めさせていただいていた会社の社訓に「心と体を健康にするための事業を推進し続けることによって社会貢献に携わること」というフレーズがありました。

心身ともに充実した状態であり続けるためには、身体に不調がなく、心理的な負担もないような状況が必要不可欠です。

そこに環境という因子がついて回ります。

環境とは、職場、家庭、友人など様々な要素が絡み合い複雑になります。

それこそ個人差が生じやすく、各々に違いがハッキリと分かれます。

すべてオールOKとはなりません。

そこで考えました。

肉体的、精神的、社会的に満たされた状態を作り出すために、まず自分たちができることは何か?を考えた時に、まずは肉体的に「痛み、不調」というフレーズを忘れさせることができるようにサポートをさせていただくこと。

その痛み、不調からの脱却こそ自分たちに与えられた役割であると知ることで、必要な手段、選択肢が拡がりました。

なんでも出来るわけではなく、役割を絞ることで、重要視するべき点が見えてきた感じです。

痛み、不調を抜け出すために、何が必要なのか?

習慣です。

悪い習慣から抜け出すことが大切です。

「習慣とは第二の人格」だというお話を先日させていただきました。

人間は同じような日々を繰り返しています。

あまり普段と違うことは本能的に嫌がってます。

そこから抜け出さなくては、同じように再度痛めてしまったり、不調に陥ってしまいます。

すべてを変えろとは言いません。

何か一つ変えることで、きっかけが出来ます。

その一つを体操だったり、運動だったりにしてみると良いかもしれませんよ。

ということです。

一人では難しいかもしれません。

そういったときにサポートができる一人でありたいと思っています。

現状維持は後退を意味する【浜田山CAZU整骨院】

2017年06月30日

常に進歩、持続した成長を

人生が明るくなった!

気持ちが晴れ晴れしている!

えっ何が起こったの?

こんな声が聞こえる日があります( ;∀;)

めっちゃ嬉しいです!

自分の仕事は小さな整骨院で目の前のクライアントの方に矯正をさせていただいたり、整えさせていただくことです。

正直、まだまだ認知度の低い仕事です。

というよりも自分たち自身で首を絞めている感さえあります。

一般的な認識だと「マッサージをしたり、ストレッチをする仕事でしょ」という共通認識を持たれていると思います。

まぁ確かに、必要であればマッサージをしたり、ストレッチをさせていただいたりしています。

ただ、本当に必要であればの話です。

そのマッサージをしても本当に意味があるのか?

中身のあるストレッチなのか?

ただ気持ちいいだけではありませんか?

身体が求めている刺激なのかを把握していない場合もあります。

人間には自然治癒力というものが備わっています。

その自然治癒力を活かすためにマッサージやストレッチをしています。

というお話をよく聞きます。

確かに、その点については間違えではありません。

ただ人間には個体差があり、それぞれの許容量というものがあったりします。

老若男女で許容量も違えば、回復力にも違いがあります。

同じ環境で育ったとしても個体差は生じてしまいます。

自分自身も施術に入らせていただく際に筋肉の柔軟性、皮膚の質感、身体の傾き方、骨の軸など様々な情報から刺激量を割り出しています。

そこに必要なのはキャリア、経験年数というものも確かに存在します。

ただ経験年数が長ければいいっていうものでもありません。

マッサージや整体ってお店ごとの技術力、知識量に差がありすぎるのも問題ですね。

ちなみにマッサージの時間が長いということは刺激量が多いということです。

一概に長ければ効果があるというものではありません。

人間の細胞は常に破壊と再生を繰り返しています。

刺激=破壊です。

壊すことによって立て直す。

マッサージとは組織を一度壊して治す働きを高めましょう。

という意味があります。

刺激量を公式化するとこんな感じですかね。

時間×強さ×深さ

みたいに表すことができると思います。

・時間が長ければ刺激量が多く

・強さが強ければ刺激量が増える

・そしてマッサージの届く深さが深ければ刺激量が増す

というようなイメージですね。

それ以外にも角度、リズムなどによっても変化をつけることができます。

確かに時間が○○分だと3000円ですよ。

というメッセージは分かりやすく、来店するための敷居を下げてくれます。

ただ一点、これだけは本当に注意をしておいていただきたいのですが、その刺激量が本当に必要ですか?ということです。

コントロールできていますか?

施術者側がコントロールできていればいいのですが、時間売りの場合、とりあえず時間が過ぎるまでマッサージをしますよ。

というスタンスの方が多く見受けられます。

結果よりも時間を重視していますよね。

楽になった。

痛みが無くなった。

動きが広がった。

ということは後回しになりがちです。

今後、業界の行く末として二極化するのではないか?と言われています。

時間売りで勝負するか?

結果を出すことで勝負をするか?

自分自身、考えた時に後者でありたいと思っています。

結果を出していくためには、常に情報に身をさらし続けなければいけません。

振り回されっぱなしの今日この頃ですが、常に成長し続けたいと決意した一日でした( ;∀;)

喜びの数だけ報酬が増える

先程のお話の続きです。

仕事を踏み込んで考えてみると、誰かの役に立つことによってお金をいただくという図式が成り立ちます。

喜びの数だけ報酬が増えるということですね( ..)φメモメモ

自分が携わらせていただいている仕事は

身体が楽になった。

痛みがとれた。

そういった結果を出すことによって、その方の人生すら変えることが出来る仕事だと思います。

痛みで苦渋されていて仕事を辞めなくてはいけない。

という方すらいらっしゃいます。

現場仕事で休めずに、我慢して仕事をした結果、更に悪くなってしまった。

そして

どうにかしたいと思って整骨院や整体に通ったのに・・・

マッサージだけ。

ストレッチをしてもらって

その場は気持ちいいけど、帰り道には同じように痛みが出てきてしまった。

この繰り返しでメンタルまでやられてしまった。

という方が、最近立て続けに来院されたので、居ても立っても居られなくなりました。

その結果、今日のブログになります笑

ちょっと熱い気持ちをぶつけてみました!

本当に日々成長しなければいけないと想う一日でした(‘ω’)ノ

骨盤矯正、骨格矯正でお悩み解決のお手伝い

首の痛み

2017年06月27日

頭痛がひどい方へ

寝込むくらい肩こりが酷い方ほど、ぜひ来院されてみてください。

肩甲骨や頸椎のバランス不全が起こっていることによって、首周辺の筋肉に過緊張を起こしてしまい、正しい動きを忘れてしまっています。

矯正後には、皆さん一様に「こんなに動かせるんですね!」と驚きの声をあげられます。

「ふつうはこれくらい動くものなんですよ」とお伝えしています。

「まだまだ序の口で回数を重ねていただくことによって、更に動きが広がって、症状もよくなってきますのでご安心くださいね」

までが一連の流れのようになってきています。

腰が悪くても、首が原因ってこともあります。

首だけ矯正したのに、腰が楽になったという方もいらっしゃるくらいです。

逆のパターンもあるので、見極めをしっかりと行って施術、矯正はしなければいけませんけどね。

当院の矯正は、手技だけのテクニックだけでなく、特殊器具を用いることによって頸椎への負担を最小限に矯正することを目的としています。

求められているものは、楽になったという結果だけでなく、安全という信頼です。

バキバキ系の矯正を受けられたことがある方はいらっしゃいませんか?

複数回にわたってバキバキ系を受けられた経験がある方の多くに、特有のクセがついてしまっています。

自分自身もあらゆる研修、セミナーでバキバキ系の施術・矯正を受けてきました。

そういった場で受ける訳ですから、もちろん講師陣も熟練の腕を持ったセラピストだということです。

それでも残念ながら、後々になって感じるのはリスクが高い矯正法だなということです。

一時の改善はあるのかもしれませんが、長い目で見ると壊されてしまった感じです。

悲しいかな、楽になろうと通院されていたのに壊されてしまっているケースがあるんです。

特に頸椎は骨格バランスが崩れやすく、自律神経が乱れやすくなってしまいます。

呼吸が浅いな。

顔がむくむな。

と感じたら、頸椎のアライメントが崩れてしまっているかもしれませんね。

更に安全に取り組めるように日々の研鑽を欠かせません。

もっともっと努力していきたいと思います。

坐骨で座る大切さ

2017年06月26日

骨盤・背骨を支える坐骨

皆さんは座骨って聞いた事ございますか?

坐骨神経痛になった方であれば、聞いた事があるかもしれません。

骨盤の一番下の部分ですね。

昨日は日本橋で研修があったのですが、そこで面白いお話を聞かせていただいたのでシェアをさせていただきます。

あまり詳しくお話しすると怒られてしまうので、簡単にお伝えしますね。

坐骨とは、書いて字のごとく「坐る骨」と書きます。

この坐骨で座ることが難しい方が本当に多くいらっしゃいます。

ご多分に漏れず自分もそうでした。

先週のブログにも書かせていただいたのですが、自己管理が悪くぎっくり腰気味で参加をさせていただいておりました。

ギックリ腰などを起こしてしまう状態は、この坐骨の使い方、情報自体が誤っていたということだと教わりました。

この座骨が上手に座れていないという情報が長期間に渡って染みついてしまっていると、骨盤や背骨を支える力が弱くなってしまい、足を組み替えたり、もぞもぞしてしまったりと落ち着きがなく、集中力も低下しやすいといった状態に陥りやすいということです。

きっかけは人それぞれで、オギャーと生まれた直後に生じてしまう方、ケガや事故などによって引き起こされてしまう方など様々な要因によって引き起こされてしまいます。

自分自身を振り返ってみると、交通事故で半身打撲、学生時代にサッカーをしていて足首、膝などを痛めたこと多数など思いつくだけでも、多くの原因が浮かび上がりました。

研修で教わった技術が身に付いたら一気に診える視野が広がってくると昨日ようやく確信できました。

ちょっと半信半疑で参加をしてしまっている部分もあったのですが、ようやく覚悟が決まりました!

皆様に更にいい技術、サービスを提供できるように努力したいと思います( ^^) _U~~

骨盤矯正、骨格矯正でお悩み解決のお手伝い

股関節って大切です。

2017年06月25日

股関節は体重を支える要

股関節をうまく使うためには、股関節の可動域がポイントになります。

一緒にチェックしてみましょう。

このポーズすることできますか?

太ももの外側がベットや床に付くことができれば大丈夫です。

お尻側の筋肉と内ももの筋肉のバランスが正常な状態です!(^^)!

この動きはお尻の筋肉が正しく使えているかの確認ポイントの一つです。

特に女性は、この動きが出来ないと股関節や膝に負担が蓄積してしまい、関節に変形が生じてしまう可能性が少なからずアップしてしまいます。

ぜひ一度、確認していただくことをおススメしています。

当院には下記のような症状の方が来院されています。

気になる方は少しだけ押してみてチェックされてみてください。

圧痛といって、押してみて痛みが出る場合には、こういった症病名が付く場合があります。

すべてが当てはまるわけではありませんが、一つの目安として覚えておいてください。

股関節の可動域が狭いことによって、膝関節への負担は倍増してしまうと考えてください。

浜田山の商店街で人観察をしてみると、股関節が伸びていない状態で歩かれている方が多く見受けられます。

股関節が使えていない状態=歩幅が狭い方ですね。

色々と勉強をしていますが、歩幅が狭い方に健康な方はいらっしゃいません。

ぜひ一歩を大きくとって歩いてみてくださいね。

骨盤矯正、骨格矯正でお悩み解決のお手伝い

1 2 3 4 5 6 7 8 9 18