根本原因にアプローチすると【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月23日

得意としている施術法

整骨院、整体院はそのお店・院それぞれの施術方針があると思います。

得意な分野と苦手な分野ですね。

当院であれば骨格矯正をメイン施術にしています。

この二つですね。

他の整骨院、整体では行っていない方法でアプローチが出来るので慢性症状でお悩みの方、急性期で動けない方などにも大変好評を博しております。

もしCAZU式骨格矯正だけでは症状が取り切れない方、お悩みが深い方などには組み合わせて矯正、施術をさせていただくことで更に刺激量を加えることが出来ます。

CAZU式骨格矯正だけでは状態が変化しないorもっと他に組み合わせることが出来るなと見極めた場合には炭酸ミスト、リアラインコアなどを組み合わせるという感じです。

全ての施術、矯正が効率的に組み合わせる方法を提供できるように考えています。

少しずつですが、よりクライアントに伝わりやすい、感じていただきやすい方法が見つかりつつあります。

説明して体感していただき、納得していただけるようになると、身体は一気に変化します。

身体のやる気スイッチがバチっと入る感じですね。

このスイッチが入ると身体は一気に回復するための準備ができます。

普段、施術を受けられるときにも「やる気スイッチ」が入っているか

これって凄く大切です。

施術、矯正をするときに意識して刺激を入れる組織があります。

大まかに分けると骨格、筋肉、神経、関節などですね。

 

例えば骨格にはCAZU式骨格矯正、筋肉には炭酸整体、神経にはマトリクスウェーブ、関節にはリアラインコアといったイメージで提供をさせていただいております。

一つ一つが中身を持ち、想いの詰まった施術・矯正をご提供できるように日々のブログを更新しております。

遡ってみていただけると幸いです( ;∀;)

骨格矯正についてはこちらから

炭酸整体についてはこちらから

リアラインコアについてはこちらから

ハイパーナイフについてはこちらから

マトリクスウェーブについてはこちらから

 

腰痛体操を行いましょう【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月15日

サボり筋対策

普段からサボり筋を減らすために体操が大切です。

普段から姿勢が崩れていたりすると、ガンバリ筋とサボり筋が明確に分かれてしまっています。

背骨の軸が整っていないことによって、関節や筋肉に負担が掛かるような姿勢になってしまいます。

その結果、意図せずして筋肉に負担が溜まってしまっている状態がコリという状態です。

コリをほぐせば楽になる。とは一概には言えません。

頑張って働いている部位に対して追い打ちをかけるようにマッサージをしてしまった結果、悪循環に陥ってしまったというケースすらあります。

ケースバイケースで物事をしっかりと判断できる目を持つ施術者を見つけましょう。

辛い場所をマッサージしたからと言って楽になるとは思えません。

実は整体業界とは、意外にも未成熟な産業なんです。

教育が出来ない整体院、整骨院が数多くあります。

身体にとって良い刺激を提供することが出来なければ、逆に害を蓄積させてしまうことにもつながりかねません。

良い商品を見極めることが大切です。

この体操は本当におススメなので、ご家族・お友だちに是非紹介してください。

メッチャおススメの体操です。

この体操を毎朝1回、前後に20回ずつ行っていただければ腰痛は無くなります。

毎日続けることが大切です。

これを継続さえできれば整体院は必要ありません!

断言できるほどに大切な体操になります。

帰省されている方、お友だちと遊びに出かけている方などはぜひシェアをお願いいたします。

下半身痩せは難しいのか?【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月12日

下半身は浮腫みが出やすい

夏は冷房などがガンガン効いている場所が多く、冷え性を感じる方が予想以上に多い時期でもあります。

暑いからといって冷房ガンガン、アイスをガリガリ食べている生活が正常とは言えません。

ただし熱中症には注意が必要なので、そこだけは注意ですね。

室温を28度設定にすること。

エアコンを28度設定ではなく、室温でチェックをしてくださいだそうです。

話を戻します。

ヒップ、太もも、ふくらはぎ、膝上などがむくんでしまっている方が多いです。

浮腫んでいる下半身は総じて冷え性にもなりやすい状態になっており、お身体の不調が表面化している部分でもあります。

下半身の機能低下は腰や股関節などが原因で起こりやすく、股関節矯正を受けていただくと「足がポカポカする感じがする」というお話をよくされている方がいらっしゃいます。

骨盤、股関節部分を通っている動脈部分が骨盤の傾きや筋肉の圧迫によって血流が阻害される形になってしまいます。

その部分の緊張を解放してあげることによって、下肢への血流が一気に流れ出してくれるようになり、脚がポカポカするという表現になっているということです。

これは万年冷え性の方ほど理解していただける現象でもあります。

もしお友だちの中に冷え性でお困りの方がいらっしゃれば、一度ご相談ください(‘ω’)ノ

対症療法も大切です【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月7日

痛みに対して

人間は痛みを感じることでカラダは強張ってしまい動きを悪くしてしまいます。

痛みとは炎症や脹れなど様々な状態で生じています。

足首を捻ってしまった経験があると分かっていただけるのですが、脹れと熱で歩くことすら難しい状態になります。

そうなってしまうと何が起こるかというと、他の関節などで動きを庇うということです。

他の関節が動き(遊び)を制限して、痛めてしまった患部を庇ってくれています。

この状態が続いてしまうと他の関節の部分もサビついてしまい悪循環の始まりです。

動きが悪くなる

筋肉が硬くなる・関節も固くなる

血流が悪くなる

筋肉の質が悪くなる

血管にストレスとなる

という悪循環になります。

そんな悪循環から抜け出すには!

こちらの炭酸ミストがおススメです!

高濃度の炭酸ミストを用いることによって、血流アップ、筋肉の質を高めることにつながります。

筋肉の硬さがある方に限ってストレッチしているから・・・という方も多いのですが、むしろ悪化させてしまっている場合もありますので注意されてくださいね。

だからこそ痛みが出てしまった場合には直ぐに対処をする必要があります。

痛みがあるからアイシング、固定だけではなく物療(電気治療器、矯正補助具)などを用いることで歪んだ状態(アライメント)から抜け出すための刺激を加えることで早期回復を促します。

こういったアイテムを複数組み合わせることによってお身体への負担を最小限に抑えつつ、矯正が出来ることが当院の強みでもあります 🙂

気になる症状がありましたら、一度ご相談ください。

首コリ、肩こりでお悩みなら浜田山CAZU整骨院

姿勢が変われば、心と体が楽になる【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月5日

姿勢が余裕を創る

姿勢のいい人の条件って何でしょうか?

簡単に説明させていただくと、バランス感覚があり、筋力を備えている人と位置付けることが出来ます。

特に当院では、肩甲骨の左右バランス、背骨の柔軟性、骨盤の左右差の最小限化などをキーワードに説明をさせていただいております。

まず肩甲骨から説明をさせていただきます。

背中が丸い方を観察してみると分かるのですが、肩甲骨の位置ってどうなっているでしょうか?

イメージ図ですが、

肩甲骨が外側に広がってしまい離れてしまうことによって背中にハリをつくりだしてしまいます。

そして多くの方が肩甲骨が上に上がってきてしまうことによって、首のハリも作り出しています。

よく背中を丸くして歩いている方は、この肩甲骨位置異常が起こってしまっている可能性が高いです。

 

この状態が長期間に渡って続いた場合は、背中にお肉が溜まってきてしまう現象が起こります。

そうすると悪循環の始まりです。

肩甲骨を動かそうとしても、背中のお肉が邪魔をする形で更に動きが悪くなってしまいます。

困ったことに姿勢が悪い状態が続いてしまうことによって、脳みそも不良姿勢が通常姿勢だと思い込んでしまい抜け出すための邪魔をし始めます。

そうなると背骨の動きまで阻害するようになります。

肩甲骨と背骨をつなげている筋肉って大切な筋肉が多く、肩甲骨の動きが悪くなってしまうことによって多くの場合、背骨の動きまで悪くするために働き始めてしまいます。

そのため動きの基準作りをするときには、肩甲骨と腕の動きで目安を作り出すことが大切です。

そのための情報共有をすることも大切です。

脳に蓄積していた不良姿勢の情報をリセットする意味でも「動きの情報共有すること」が必要になります。

before&afterですね!

施術前と施術後で動きの変化を付けることができたか?が脳みそにとって一番の刺激になります。

正直、カラダは変化を嫌います。

良くなりたいと自身が思っていたとしても、深層心理では「変化したくない」と無意識のうちに判断してしまっているんです。

この無意識を意識下で調整することによって本当の意味での根本治療につながります。

ちょっと難しいお話になりましたが、そういうことです笑

ぜひ来てみたら聞いてみてくださいね( ゚Д゚)

首コリ、肩こりでお悩みなら浜田山CAZU整骨院

根本治療の考え方【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月4日

動画を撮りました

先日、根本治療について説明をさせていただくための動画を撮らせていただきました。

当院では、

痛みが出ている部分に原因がある。

という考え方ではなく、

痛みが出ている原因が他の部分にある。

という考え方をしております。

辛いところをマッサージするのではなく、原因に対してアプローチをさせていただきます。

ということです。

なぜ、そのような考え方に行き着いたのかをお話させていただきたいと思います。

整骨院、整体院などに勤務されたことがある方なら理解していただけると思うのですが、

シップを貼っておく場所をよく聞かれます。

基本的には「痛いところに貼っておいてください」と伝えているのですが、これって対症療法なんですよね。

とりあえず症状が落ち着けばいいって考え方です。

また時間が経てば痛み始めますよね?

それって原因に対して全く変化を起こせていないから、また痛みが出てきてしまうんです。

で、

なぜ痛みがまた出やすい状態になってしまうのか?

を考えた時に、姿勢って大切だな。

に行き着いてしまうんです。

解剖生理学に則った背骨の状態、股関節のかみ合わせなどへ誘導してあげるだけでもカラダって大きく変化します。

姿勢による動きの変化を知っていただければと思い、動画を作成してみました。

意外と皆さん知らずに生活をされているので注意が必要です。

これを見て参考にされてくださいね( ^^) _U~~

お身体の不調でお悩みなら浜田山CAZU整骨院

定期的な通院によるメリット【浜田山CAZU整骨院】

2017年08月1日

症状の改善から予防へ

ある程度、症状が安定した後には定期的な通院をおススメしています。

人間のカラダも消耗品です。

なるべくエネルギーを使いたくないので、楽をしようとします。

楽をするというのは、動かしやすい方向に動かしていたりすることや、姿勢を崩して座ったりするということです。

例えば右利きの方が右手ばかりを使って作業をしていたりすると骨格バランスが崩れやすいのは、なるべくエネルギーを消耗したくないがための一つの本能のようなものです。

それが無意識のうちに起こってしまうのですから、自分自身でケアをするという高い意識を持っていても、それすら歪みの原因にもなってしまっているケースもあります。

「よくストレッチしているから大丈夫です。」という方がいらっしゃいました。

お身体の状態を診させていただくと、明らかに骨格バランスが崩れています。

肋骨の高さの違い、骨盤の傾きの違い、股関節の位置異常、膝の捻じれなどです。

運動して筋肉を付けておけば大丈夫ですよ。とお医者様に言われたから運動をしてストレッチをしていたそうなのですが、明らかにバランスが悪い状態でした。

よくある事例だと思います。

良かれと思ってやっていたことが、逆にバランスを崩している状態で行ってしまったことによって更に負担になってしまっているケースです。

こちらのブログでも何度か書かせていただいているのですが、「鍛える前に整える!」。

これって本当に大切です。

自身の状態を把握せずに、とりあえずストレッチをしてみる、運動をしてみる。などは、ちょっと無理があるのではないかなとも思います。

必要最低限の解剖学、運動学の知識があればカバーできる問題かもしれませんが。

ちょっと意識を変えることによって、重心バランスが改善する方が多くいらっしゃいます。

無意識のうちに使い続けてしまっている状態から、意識をちょっと変えていただくことで生活の質も改善できますよ(‘ω’)ノ

お身体の不調でお悩みなら浜田山CAZU整骨院

 

慢性的になっていませんか?(浜田山CAZU整骨院)

2017年07月31日

マッサージを受けているのに

肩こり、腰痛などの症状が固定化していませんか?

3回ほど通院をされていて多少なりとも症状が変化していないのであれば、症状が固定化してしまっているかもしれません。

刺激量をさらに増やすか。

施術、矯正の方法を変えるか。

生活習慣を更に見直すか。

を、していかなければいけません。

悪い姿勢も”生活習慣病の一つ”だと思っています。

先日、お亡くなりになった聖路加国際病院の日野原重明先生の提唱された「生活習慣病」、この提言によって成人病という、成人にしかかからない病気ではなく「生活習慣がバランスを崩してしまったことによって起こってしまう病気」という意識改革が国民全員に起こりました。

これって本当に素晴らしい提言です。

生活習慣病の一つとして姿勢習慣を変えることが、更に国民健康向上を推進する起爆剤になります。

このブログを通じて、もっともっと姿勢について皆さんに知っていただく機会が増やすことが、その一助になればと思っております。

なぜ良くなるの?

当院では、まず骨格を診て調整を行います。

骨格とは姿勢とも言い換えることができるのですが、この姿勢バランスの崩れによって、筋肉や靭帯といった軟部組織に負担がかかってしまうことによって、肩こりや腰痛などを引き起こすと考えております。

骨格矯正で使用するアイテムも揃っており、慢性症状に悩む方々から解放できるよう仕組化されています。

もちろん骨格矯正だけでなく、筋肉にも特殊電気治療器を用いたり、ハイパーナイフを用いることで筋肉に起こっているトラブルにも対処できるようになりました。

今日来院されたクライアントの方も「姿勢が本当に変わった!」と喜んでいただけました。

今日で4回目の方だったのですが、初診時から動きの変化を体感していただき、ポジティブに捉えていただいているからこそ、さらに良くなっていただけるような形になっています。

症状一つとっても、捉え方は人それぞれですね。

「まだ、ここが痛い」

「この部位は全くよくならない」

「これは一生このままだろう」

みたいな形で現状をとらえられている方は、やはりその状態で症状が固定化しやすく変化が起こりづらいと感じています。

逆に、

「ここはまだ痛みは変わらないけど、こっちは本当に楽になった」

「この動きが楽になってきたよ」

など、ちょっとした捉え方の違いで、ご自身のお身体への労わり方が変わってくるのではないかと思っております。

厳しめの言葉を自身に投げかけるのではなく。

少しでも動きが回復したり、症状が良くなったな~と感じたら、ご自身のカラダを褒めてあげてください。

そのちょっとした気付きをカラダは求めているのかもしれません。

今日もブログを読んでいただきありがとうございました。

首コリ、肩こりでお悩みなら浜田山CAZU整骨院

急な痛みには?冷やす?温める?【浜田山CAZU整骨院】

2017年07月30日

冷やす?温める?

「シップを貼る時は冷たいシップがいいですか?」

「温かいシップがいいですか?」

よく聞かれる質問です。

「温湿布」には温かさを感じるトウガラシ成分のカプサイシン。

「冷湿布」には、冷たさを感じるメントールが配合されており、皮膚の感覚(心地良さ)に違いを出しています。

どちらの湿布も、血行を変化させるほどの筋肉の温度変化はありませんが、温度や湿度などによって心地よさには違いが現れます。

シップを貼る際の注意点を覚えておきましょうね。

1日2回は張り替えましょう。

基本的には3時間ほどで効き目のピークに達するので、長時間にわたって、ましてや1日中ずっと貼りっぱなしは良くありません。

張り替えるタイミングを見計らって、3~4時間は皮膚を休ませましょう。

湿布薬は、薬の成分を皮膚から吸収させることで、毛細血管を通じて全身へ巡ります。

主に、炎症を抑えて痛みを鎮める消炎鎮痛剤、つまり痛み止めの成分が配合されています。

毎日貼り続けていると、痛み止めの飲み薬と同じように内臓への負担が大きくなり、胃粘膜障害や腎機能障害などの副作用を引き起こすことがあります。

これだけは最低限覚えておいてほしいです。

昨日も同様の内容のブログを書かせていただいたのですが、重要なポイントなので覚えておいてくださいね(‘ω’)ノ

交通事故、むち打ち損傷でお困りの方は浜田山CAZU整骨院まで

痛み止めで良くなりましたか?【浜田山CAZU整骨院】

2017年07月29日

痛みを抑えるために必要ですが・・・

痛み止めを服用、投与される際にも注意事項があったりしますよね。

服用量、飲むタイミングなどです。

特に量については本当に注意が必要です。

効果を強くしたいから、いつもよりも服用量を増やそう。と自身で判断をされて救急車に運ばれた方がいらっしゃいます。

テレビCMでも流されていますが、用法用量などの約束事を守ることが大切ですね。

痛みとは医学用語で疼痛と言います。

疼痛とは聞きなれない言葉かもしれません。

一般的には中枢神経系ではなく、末梢神経から入力された刺激によって感じるものがほとんどです。

当院に来院されているクライアントさんの大半が、この疼痛によって通院をされています。

他にもシビレ、コリなどで来院されていますが、多くの方が痛みを訴えられて来院されています。

痛みとは自覚症状であり、なかなか他人には伝わりにくい側面があります。

そのため、大げさだなぁ~って思われかねない性質も持っています。

痛み方も「ズキズキする痛み」、「ズシンとする痛み」、「ピリピリする痛み」など様々な症状を呈しています。

他にもジンジン・ビリビリ・チクチク・ズーン・ズキッ・ガンガンなどは覚えておくといいかもしれません。

この痛み方の表現方法を知っておくだけでも、医療従事者にとってはメッセージになります。

こういった痛みって伝えにくいですよね。

数値化するのも難しい、言葉に出すことも難しいものなんです。

普段から、こういった言葉に接していないと直ぐには出てきません。

この表現方法を知るだけでも伝わる内容が倍増します。

ぜひ調べてみてくださいね(‘ω’)ノ

QOLの低下

痛みがあることによって生活の質が低下することが問題です。

QOL(クオリティオブライフ)が低下するとは、睡眠の質が悪くなったり、運動する機会が失われたり、生活に支障をきたしている状態を指しています。

多く方がある一定の症状を呈した場合、痛み止めで症状を抑えるということで何とか日常生活を過ごされている側面があります。

ただ日本でも多く提供されている痛み止めにもメリット・デメリットがあります。

先日もこんなニュースがありましたね。

ロキソニンによる弊害?

日本人として生活をしていく中で、薬の恩恵と副作用に悩まされるのかもしれません。

ただ知識として効果があるということは副作用も何かしらあるということを忘れてはいけないと思います。

自身を守れるのは自分だけだと思ってください。

1 2 3 4 5 6 7 8 19