口角を上げること

2017年09月20日

笑顔は大切です

口角ってご存知でしょうか?

実はこの口の端っこ部分を、耳の方に持ち上げてあげることによって呼吸の質が変わります。

これは実際に試していただきたいので一緒にやってみましょう!

下の外人さんの画像を見てください。

この口角部分を耳の方に向かって指先で持ち上げてみてください。

持ち上げた状態で、鼻呼吸をしてみてください。

どうでしょうか?

呼吸がしやすくなった方は、顔に歪みが生じてしまっているかもしれません。

試しに頬骨に指を当てて、左右差を比べてみてください。

高さが左右で違っていませんか?

多くの方が食事などで噛むクセがついていたり、利き目がどちらにあるのか、頬杖などを突くことによって歪みが生じてしまいます。

ちょっと場所などが分かりづらいですかね?

そんな貴方は今度来院されたら聞いてください笑

色々とイラストを探すのも大変です笑

呼吸の説明に戻ります。

普段、呼吸が浅い方や鼻が悪い方だと、先程の鼻呼吸のし易さの有無が直ぐに分かっていただけると思います。

逆に口角を下げてみましょう。

すると鼻呼吸がしづらくなると思います。

これは色々と理由があるのですが、詳しくはスタッフまでお尋ねください笑

秘密だらけの文章ですが、実際にやってみると「こういうことなのか」と理解していただけます。

簡単に言うと呼吸をするための軸を整えることができるか、邪魔をすることの無いようにすることが出来るかがポイントです。

実際にはオトガイ孔という部分にも秘密があります。

いびきをかいて寝てしまう方などは、これをアレンジするとあっという間に改善できてしまう可能性すらあります。

これを工夫すれば自然治癒力も最大限発揮できる体内環境を整えることが出来るようになるので、ちょっと開発してみるのも面白いかもしれません。

ぜひ一度ご相談ください(*”▽”)

 

 

日・月で研修に参加してきました!

2017年09月19日

台風の中、セミナーに向けて・・・

日曜日、台風の影響で電車なども遅れている時間帯にセミナー会場でもある浜松町に行ってきました。

今回は2日間共に、北海道のある整骨院の先生が行ってくださったセミナーだったのですが、過去最高の学びをいただけました。

学びの多い2日間だったので嬉しい限りです。

この先生は超有名スポーツ選手、世界最大手企業の社長など著名人にも施術をされているそうで、セミナー中の圧倒的な知識量、説明力、技術力には圧倒されっぱなしの二日間でした。

特に知識量に関しては、他の先生方と比較しても群を抜いている感じです。

このセミナーで学んだ知識、技術などを活かさない手はありません。

今日お昼前後の空いている時間帯に早速ですが、スタッフさんのカラダを借りて練習に励みました。

前日行った施術、矯正法を実際試してみて反応を確かめてみると色々と気づきがありました。

この気付きを皆様に還元できるように日々の練習は怠れません。

このような練習を積み重ねて技術力を高めることによって結果につなげられるように努力をし続けています。

もちろん結果を出し続けることが出来れば、信頼へとつながり、一般的な整骨院・整体院では難しい症状の方が来院されたり、いざという時に声を掛けていただける存在になれると信じています。

最近では遠方からも2時間ほどかけて来院していただける方も増えてきました。

が理想はやはり近所の方が気軽に来院していただける院を目指したいなと思います。

昨日のセミナーでも小児向けの頭蓋骨矯正というお話がありました。

1ヶ月受け放題で○○円という破格の値段ながら、地域の皆様に知っていただけるようにするためには面白い取り組みだなと思いました。

そのうち始めてしまうかもしれません笑

大人向けにも同じ施術で小顔につなげたり、頭痛や肩こり解消などにも使えるそうなので楽しみです。

まだまだ出来ることは沢山あるなぁ~(*”▽”)

ワクワクが止まらないです。

これから半年間の成長を楽しみにしてくださいね!

成長ホルモンが大切です

2017年09月18日

寝る時間を守りましょう

寝る子は育つと言われていますね。

特に成長期を迎える小学校高学年~高校2年生くらいまでの間は寝る時間をある程度コントロールしてあげるといいと思います。

午後10:00~午前2:00の間に睡眠をとることによって、骨の成長、筋肉の回復、自然治癒力を高めるためのホルモンでもある成長ホルモンが活発に分泌されます。

疲労を回復させるためにも成長ホルモンは大切です。

痛みが強い方、症状が深い方なども早い時間の就寝をおススメしているのはこのためです。

そして睡眠と同時に摂取をしていただきたいのがカルシウムです。

20歳までにどれだけカルシウムを摂取できるかが大切なターニングポイントになるからです。

20歳を過ぎると体内カルシウム量は減少の一途をたどります。

ピークが20歳までということです。

骨密度と筋肉量は比例するともいわれていて、運動をしている習慣があるような方はカルシウムを定期的に摂取していただくことによって、運動疲労回復などにも繋がります。

出来れば小魚などで摂取していただけるといいと思います。

カルシウム摂取時に納豆を組み合わせることによって、効率的に摂取することができるようになります。

腸内細菌などのことを考えた場合に、納豆と相性抜群です。

先日もあるセミナーでおススメの納豆を教えていただきました。

今度LINEでシェアさせていただきますね。

痛みはカラダの弱い部分にでる

2017年09月17日

人間のカラダはバランスが大切

足首を捻挫をすると歩行が乱れますよね。

先日も中学生クライアントさんが捻挫をされて来院されました。

そうすると足首は炎症を起こしてしまって脹れるのですが、それを庇って歩いているうちに股関節や腰などにも筋肉疲労のような状態が生じてしまったりします。

人間のカラダは本当に良く出来ていて、バランスを補ってくれるような働きがあります。

このケースの場合は足首を痛めた原因があるので、負傷部位がハッキリとしているのですが、股関節や腰などは足首を庇ったために痛める手前まで頑張ってくれた被害者みたいな立ち位置にあります。

 

 

正直、伝わりにくい表現で申し訳ないのですが、ひねってしまったり、ぶつけてしまったりする直接的な原因があったとします。

それ以外にも発生機序がハッキリと分からない不定愁訴と呼ばれるような症状、痛みが出ている部位はその人にとって庇いきれない弱い部分でもという表現を使っています。

弱い部分が耐え切れずに痛みとしてサインを出している状態という表現の仕方です。

分かりづらい表現方法で申し訳ないのですが、一つの症状が一つの原因とは限りません。

例えば肩の症状が出ているとして、それは肩に原因があるケースよりも他の症状を庇ってしまって最終的に方に症状が集まってしまっていると考えた方が自然ということです。

慢性症状で悩まれている方の多くが、歪みを何層にも積み重ねて来院されます。

1回で症状が改善できる方は本当に稀です。

カラダを変えるときにはターンオーバーの考え方が大切です。

弱い部分を鍛えつつ、しっかりとバランスを整えることで再発予防につなげていかなければ根本改善にはつながりません。

その為の期間がおおよそ3ヶ月ですね。

最低でも3ヶ月。

カラダを変える期間、意識を変える期間だと思って続けてみてください。

若さの秘訣は首にあり!

2017年09月16日

土曜日午後の新規クライアント

今日も一日満員御礼でした。

ありがとうございました。

紹介で来院された方なのですが、不良姿勢が長い期間続いてしまったことによって顔色が悪いことを気にされていました。

首姿勢が悪いことによって、色々な場面で損をしてしまっているケースがあります。

特に初診時などの場合、問診前にあいさつをさせていただく時に、どういった表情をされているのかを注意深く観察させていただくのですが、喜怒哀楽といった感情表現を表すことが難しいような状態になってしまっているケースもあります。

専門用語でいうと表情筋が使われていないような状態です。

首が悪い状態が長く続いていると、重力によって顔の筋肉が下がってしまってほうれい線などのシワが深く刻まれてしまっていたり、弛みが生じてしまっている場合もあります。

それは顔だけに表れるのではなく、首にも表れてきます。

首に横シワが出来てしまっっている方は要注意です。

頸椎の関節間が狭くなってきてしまっているサインです。

横シワと上を向いたときに顔が地面に対して平行に向けない場合にはストレートネック確定です。

酷いケースの場合には頸椎ヘルニアなどを画像診断で指摘されることもあります。

頸椎の軸、腰椎の軸は人間が生きていくうえでも重要視されるべき背骨のじくになります。

デスクワークなどが増え、スマホ・パソコンなどを必要以上に使用する生活習慣が首、腰を痛める原因を作り出しています。

連続使用時間を30分前後にして適度に休憩をするなどの工夫が必要になります。

前かがみで首に負担の掛かり続ける姿勢で過ごされる人を見て、どのようなイメージを抱かれますか?

疲れそうだなぁ~

肩凝らないのかな~

背中ツラそうだな~

って思いますよね。

それって自身の経験から生まれるイメージです。

自分もそんなことがあったなぁ~って殆どの方が経験してしまっているんです。

前かがみの姿勢はある程度しょうがないと割り切りましょう。

少しの休憩時間が大切ですよ!

たまには息抜きのために肩甲骨を回してあげたり、頭の位置をリセットする体操などをしてみてくださいね。

どうすればいいのかわからないっていう方はLINEにメッセージを送っていただければ動画を差し上げます。

お友だち登録をしてみてください(^_-)-☆

口コミをまとめてみました!

2017年09月15日

口コミサイトの投稿数200件突破!

エキテンというポータルサイトがあります。

口コミを皆様に投稿していただくことによって、はじめて整体を探そうとする方々が参考にできるような意見が集まるような仕組みとなっています。

整体、マッサージ、鍼灸、整骨・接骨、エステ、健康美容サービスなどのジャンルがあるのですが、お陰様で当院は整体×マッサージ×整骨・接骨部門で地域NO1の口コミ数を頂戴しております。

先日、このエキテンの口コミ総数が200件を突破いたしました(*”▽”)

感謝しております。

それを記念して・・・

口コミサイトに投稿していただいた内容を冊子にしてみました!!

ラミネート加工をして本棚に飾ってみたいと思います。

お時間がある時にご覧くださいね。

こんな感じで書いていただけると伝わりやすいのかなぁ~て参考になる文章がたくさん書かれています。

うれしいなぁ~( ;∀;)

水曜日に勉強会を行いました

この間の水曜日に「イネイト活性療法」を一緒に学んでいる同期の先生方と練習会・勉強会を行いました。

このイネイト活性療法は一風変わった施術方式で行います。

詳しくは秘密保持契約書があるので書けないのですが、反射テクニックを使ってカラダの悪いところを見つけだすという形式をとっています。

19時スタートの22時終了と休診日としてはハードな日程で行いました笑

この練習会の前に東京ビッグサイトで行われていたアンチエイジングジャパンに参加をさせていただき、酵素ドリンクの試飲、新規開発メニューの相談などを行ってきました。

ほぼ1日出ずっぱりだったので本当に疲れていたのですが、イネイト活性療法を施していただいたところ疲労が回復したような感じがしました。

集まっていただいた方は先輩講師1名、同期の先生3名、そして自分の5名で行ったのですが、学びの多い時間になりました。

普段の施術に活かせる部分は最大限に活かしていかなければいけないなと再認識することが出来ました。

この手技を極めていくことによって、不定愁訴を訴えられる方の症状を更に変化させることができると思います。

まだまだクオリティが足りないので商品化しておりませんが、ご希望があればお身体を貸していただけると幸いです。

同期の方々と更にスキルアップできるように練習会をしていかなければ・・・

きっと半年後には驚きの報告が出来るとおもいます笑

楽しみにしてくださいね~( ^^) _U~~

 

頸椎1番の重要性

2017年09月14日

上部頸椎の考え方

首には7つの頸椎という骨があります。

浜田山CAZU整骨院では、特に第一頸椎(アトラス)を整えることによって、自然治癒力を正常に機能させることができると考えています。

横から見るとこんな形をしています。

この第一頸椎が頭を支えており、この部分が傾いてしまっていたり、捻じれていたりすると顔が傾いて見えてしまったり、人によっては顔が曲がって見えてしまったりする方もいらっしゃいます。

第一頸椎を整えることによって、全身の骨格を整えるための土台を創り出すことが出来ると考えています。

前提条件として、この部分が整っていなければ身体を回復させるための働きが低下してしまっているために、いくら良い治療、施術を行ったとしても元に戻りやすい状態に変わりがないということです。

ただし骨をボキボキと鳴らす矯正は危険だと考えています。

本当に上手い先生はポキッと鳴らすぐらいの刺激でも全身のバランスを整えます。

全身をバキバキと鳴らすような矯正であれば、受けない方がマシだと思います。

音が鳴るたびに関節が劣化をしてしまい、関節に摩耗を引き起こしてしまいます。

それを繰り返していくうちに、関節が壊れてしまい、可動域が狭い状態になります。

そうなると全身の筋肉の働きも低下してしまい、筋肉の質も下がってしまいます。

筋肉の質が落ちてくると、筋肉量が落ちてきてしまい、最終的には・・・って感じです。

業界でもバキバキ系は一大勢力になってきていますが、本当に体の状態を考えた時には安全な施術を心掛けましょうと言いたいです。

話を戻しますね。

第一頸椎には脳幹部の延髄という部分が入り込みます。

脳幹部分については、当院に模型がありますので聞いてみてください。

この延髄部分で、呼吸・脈拍・体温・水分・ホルモン・睡眠・食欲などなどのコントロールを司ると言われており、カラダの司令塔が集まっている部分なんです。

この部分が傾いたり、捻じれてしまえば、どうなるのかイメージされてみてください。

少しのストレスでも全身に影響を与えると思いませんか?

この少しのストレスの積み重ねだと思います。

そのストレスを解消するために睡眠が必要だったりするのですが、この第一頸椎の軸が整っていないばかりに、脳幹の働きが低下してしまい睡眠の質が低下したりするため、どんどんと悪循環をおこしてしまうという仕組みです。

だからこそ脳幹部分の働きを正常化させる目的のために、第一頸椎は大切ですよ!と声を大にして言いたいです。

この部分を矯正後は頬杖を突いたりすると戻りやすいので注意してくださいね。

とりあえず今日はこれで失礼いたします。

膝の位置が悪くないですか?【浜田山CAZU整骨院】

2017年09月13日

膝のお皿の位置が大切

骨盤矯正をさせていただく際、ゆがみ方の指標に膝の位置を説明させていただく場合がございます。

なぜ膝の位置かというと、骨盤よりも下のバランスの悪さが膝に症状として表れやすいからです。

膝にトラブルを抱えられている方は、ほとんどの方に骨盤のバランス不全がありますよ。

膝の位置がズレているということは、左右の足への体重の掛かり方が違うということでもあります。

骨盤がゆがむという表現をする場合もありますが、ほとんどの場合に傾いているような状態になります。

傾いていれば片方側だけに体重が掛かりやすいのがイメージしやすいと思います。

明らかに捻じれて歪んでいる方もいらっしゃるので一概には言えませんが・・・

特に膝の目とも言われる部分を指標にすると、ひざ下の捻じれなどが判断しやすいんです。

膝が痛いという方は、この膝の指標がズレています。

必ずズレてます。

腓骨が下がっていませんか?

ひざ下には脛骨、腓骨という二本の骨がありますが、脛骨で体重を支えられているうちは、まだ大丈夫です。

腓骨荷重=外側荷重です。

重心が中心軸から離れてしまい、どんどんと外側にズレ始めてしまっているサインがこれからお話をさせていただく内容になります。

腓骨荷重とは簡単に言えば、腓骨が下がり始めてしまったサインです。

腓骨が下がり始めるということは、かなりの長期間に渡って外側荷重を続けてしまったという結果でもあります。

時間の経過とともに、更に外側に引っ張られるような形になってしまい、立派なO脚の出来上がり!

腓骨が下がってしまうことによって、足首にある距骨が親指側に押し出されてしまって足首までズレ始めてしまいます。

下半身太り(大根足気味の方)が酷い人は、この腓骨が下がり始めている可能性が大です!

要注意ですよ!

足首回りを締めてあげること、腓骨を調整してあげることによって骨盤周りの症状が良くなるのは施術させていただいて面白いなと感じます。

O脚矯正は、この足首と股関節がポイントなんだなと実感する日々を送らせていただいております。

O脚で悩まれている方は、一度ご相談ください。

来院間隔が空いてしまっている方へ【浜田山CAZU整骨院】

2017年09月12日

治すべきタイミングが大切

今回は来院間隔、通院頻度が低めの方向けにブログを更新させていただきます。

当院にも月に1回、2ヶ月に1回の来院の方もいらっしゃいます。

もちろんある程度症状が治まって、安定期に入っていれば問題はございません。

むしろ日頃のケアを怠らずに、状態が向上されている方もいらっしゃいますからね(*”▽”)

嬉しい限りです。

我々がクライアント様と一緒にたどり着きたいゴールがどこなのか?

この目標設定がどこにあるのかを理解していただけるとお身体についての理解度も高まりますので、今回のブログは大切な内容となっております。

一言で例えるのであれば、「自分で治すことができるバランスのとれたカラダ」になってもらうことが目標です。

その為の計画表として一つの参考にされていただけると助かります。

浜田山CAZU整骨院では初診から8回目までの通院を特に大切にしております。

慢性症状でお悩みの方には、特に8回までの期間が大切だということを理解していただきたいです。

なぜならば・・・

人は自然治癒力というものが備わっています。

痛みや症状・疲労が溜まったとしても自分で回復させる力のことを言います。

姿勢の悪さや骨格バランス不全、育児や家事などを繰り返すことによってカラダに負担が蓄積してしまい、その回復力だけでは状態を上向かせることが難しくなってしまうということです。

カラダは悪い状態を記憶してしまい、悪循環に慣れてしまうからです。

特に筋肉、脳に記憶されているクセは中々すぐにはリセットさせることが難しいと理解されてください。

同じ生活、習慣を繰り返すことによって、動きを覚え、同じ筋肉ばかりを使うことによって、特定の筋肉が成長してしまうというメカニズムです。

正しい骨盤の位置はココですよ!とお伝えしたとしても、次に来院された際に意識をしてくださっている方は2割ほどかなという感触です。

期間が空けばそれだけ忘れている率、症状が悪くなってしまっている可能性が高くなってしまい、悔しい思いをすることが多々あります。

まだまだ改善点が多く、反省の日々ですね。

お陰様で3回続けて来院されている方が8割、5回以上続けて来院される方が7割近くいらっしゃいます。

以前に比べて少し割合が下がってしまいましたが、ホームページを作成後、新規の方の人数が増えてきているので良い感じでバランスが取れてきています。

この5回以上通院される方の割合が増えていただけるように、説明を仕組化して分かりやすく伝えられるようにしたいと思います。

結果、経過に納得していただけなければ通院は続けていただけません。

本当に理にかなっているのか?

実際、結果を出すことが出来るのか?

未来を見せることが出来ませんが、ある程度の状態までであれば予測することができます。

そのためには計画性を持って通院を重ねていただく大切さをこと細かく説明するしかないと思っております。

積み重ねですよね。

順序を無視せずに、一つ一つ丁寧に行いたいと思います。

 

初期集中プラン【浜田山CAZU整骨院】

2017年09月11日

最初が肝心!

長い年月、悪い状態が続いてしまった身体は「異常が正常」と勘違いを起こしています。

それは記憶ではなく、クセとして覚えてしまっています。

猫背が楽だと勘違いを起こしていたり、脚を組むことが当たり前だと勘違いをしてしまっている状態です。

脳が記憶してしまっています。

整体を受けても、1度は楽になっていただいても、元の悪い状態に戻そうします。

これをホメオスタシス機能といいます。

恒常性の維持、現状をあまり変えないで欲しいという本能です。

ツラい状態になってしまってから来院を繰り返したとしても、なかなか悪い状態から抜け出すことが難しくなります。

ツラい状態は幾重にも症状を重ねてしまったことによって、自然治癒力で回復できないところまで行ってしまったというサインです。

浜田山CAZU整骨院では、初回から8回目までの通院間隔を詰めてご来院していただく、初期集中施術を強くおススメしております。

良くなってきたなと判断ができるような状態になれば、2週間に1回、3週間に1回と通院間隔を伸ばしていきます。

さらに良くなれば1ヶ月に1回ほどのバランス調整施術で健康状態をキープすることができます。

痛み、コリ、シビレなどは背骨や骨盤などの歪みから生じてしまうサインです。

当院では動きの共有を行うことによって、クライアントの症状がどこにあるのかを一緒に探していきます。

施術を受けていただくたびに、カラダのバランスが安定することで、思考も落ち着き、感覚も研ぎ澄まされやすくなり、やりたいことが出来るようになったり、自信が付いてきたりします。

その不調は直ぐに解決することが大切です。

3週間以上経っても変化をしない症状は悪化の一歩を辿ります。

この3週間を超えてしまった負担は他の部位に蓄積してしまい、更なる症状を作り出します。

そうなる前に対処することが必要です。

うちでなくても構いません。

整形外科、病院、整体、マッサージなどどのような施術でも症状が良くなったなと感じていただけるものを選んでいただければいいと思います。

ぜひお身体へ愛情を注いであげてくださいね(*”▽”)

1 2 3 4 5 6 7 40