有訴率の高い症状

2017年06月9日

統計上は・・・

傷病で自覚症状のある者(=有訴者)の人口千人に対する割合です。

2013年の有訴者率は312.4(人口千対)で,男性は276.8,女性345.3と女性が高くなって
います。

男性は4人に1人が何かしらの自覚症状を訴えられています。

女性であれば3人に1人という割合ですね。

この有訴者率を年齢別に分けてみると10~19歳で176.4と最も低く,80歳以上では537.5と高くなっています。

また、65歳以上では男性が439.9,女性が486.6と,およそ2人に1人が有訴者となっています。

有訴者を症状別にみると,男性で最も多いのは腰痛で,次いで肩こり,鼻がつまる・鼻汁が出るの順となっています。

女性で最も多いのは肩こりで,二番目は腰痛,そして手足の関節が痛むの順となっています。

【男 性】

1位:腰 痛
2位:肩こり
3位:鼻がつまる・鼻汁が出る
4位:せきやたんが出る
5位:手足の関節が痛む

【女 性】

1位:肩こり
2位:腰 痛
3位:手足の関節が痛む
4位:体がだるい
5位:頭 痛

症状別でも肩こり、腰痛が2大有訴症状ということが分かります。

肩こりを細かく分類分けしていくとスマホ首などが、これから増えてきそうな感じはしますね。

首を整する者が健康を制する

これからは首を整するものが、私たちの業界で一躍有名になれる予感です笑

首の関節は角度、動きなどが胸椎、腰椎とは違っていて学びが多いので、一朝一夕にはうまくなれません。

ましてや長年苦しんできた方にとっては、技術の善し悪しがハッキリと分かってしまう部位でもあります。

修業時代に「首は脳に近いから技術の上手い下手がバレるよ!」と言われたことがありますが、本当にその通りです。

マッサージが多少上手くなったとしても、首の症状には壁が立ちはだかります。

マッサージだけでは対応できない方も多くいらっしゃるのが本音です。

確かに楽にはなるけど、3日もすれば元に戻っているなぁ~って方が大半でした。

申し訳ございません。

そういった経験を踏まえた上で、更に技術をアップデートして現在の形になってきています。

開業当初とは全く違った形の施術、矯正法になっております。

ぜひまた通いたいなぁ~という方はお気軽にお声がけくださいね。

頭痛、肩こりでお悩みなら浜田山CAZU整骨院まで

色々と試行錯誤しながら

2017年06月8日

新メニュー追加?

また新しいものを探し当ててしまいました。

小顔調整法です。

お化粧をされる女性の方は気づかれていると思うのですが、顔って非対称ですよね。

頬骨を触りながら高さを確認したりすると、ほとんどの方が上下に位置がずれています。

噛み癖や利き目など色々と体に染みついてしまっているクセなども影響しちゃいますしね。

副鼻腔炎や蓄膿症などを、患った方は更に歪みがひどく出てしまう傾向にあります。

自分自身、小学生の頃に蓄膿症で悩まされてしまい、現在も右の鼻がつまりやすい状態です。

この小顔調整は何と!その鼻のつまりすらもアッという間に通してしまいました笑

beforの写真が寝ぐせみたいなのが付いていて見せたくないのですが・・・笑

before

本当にひどいな・・・

after

下あごのラインが明らかに変わった!

そして頬骨の幅も狭くなりました!

これを導入する予定です!

またまた更に皆さんに喜んでいただけると思いますよ!

顔のむくみはストレスの証

最近、年齢を重ねたなぁ~と感じるタイミングがあります。

朝起きて、顔を洗うタイミングです。

浮腫んでいる・・・( ゚Д゚)

これって中枢神経系のストレスを抱えているサインかもしれません。

むくみがあるということは、排出機能がうまく機能できていないというサインでもあります。

身体がコントロールできていないということですね。

カイロプラクティックの考えにもあるのですが、脳脊髄液と言われる脳や脊髄などを保護する液体の流れる機能が低下してしまっても、顔のむくみとして表れてきてしまいます。

その浮腫みが先日の小顔調整以来まったく無くなっていたんです!

そして体調もすこぶる元気!

これってCAZU式骨格矯正と相性いいだろうなぁ!

って心の中で思っちゃいました。

導入時期が決まり次第お知らせいたしますね(‘ω’)ノ

楽しみに待っていてください。

骨盤矯正、骨格矯正でお悩み解決のお手伝い

腰椎5番は大切です

2017年06月6日

ぎっくり腰、ヘルニアなどが何と!

仙骨という骨盤の真ん中の骨の真上に位置する腰椎5番!

この5番の傾き次第で、背骨の捻じれ方なども違ってきます。

こんな傾きを作り出してしまうのも、腰椎5番が関係しています。

最近、腰の諸症状を訴える方には必ずと言っていいほど行っているのですが驚くほど可動域が広がるんです笑

当院の施術方針では、痛みはあくまでも目安でしかありません。

なぜならば痛みを基準にしてしまうと痛みとの追いかけっこになってしまい、痛みばかりを意識してしまいます。

痛みとは主観でしかなく、他の人に伝える術を持っていません。

そのため伝え方などによっては、見当違いのことを行ってしまう可能性すらあります。

痛みは基準ではなく、目安です。

いつから痛いのか?

どういう動きをすると痛いのか?

何をしていたら痛くなったのか?

などを教えてくださいね。

関節の動きが悪くなると

関節の可動域が悪い部分があること=筋肉の硬さが生じてしまっている状態です。

関節が引っかかってしまい、筋肉の収縮がスムーズに行えずに筋肉の硬さ、柔軟性の欠如などを発生させてしまっていると考えています。

まずは可動域が左右対称になることを一つ基準と考えています。

左右均等に使えるようになることによって、関節の動きに引っ掛かりなどが生じにくくなります。

最初に施術をさせていただく際に意識していることは、この左右差を解消することです。

左右の捻じれを解消するだけで、関節のハマりやすくなります。

教科書や参考書などは平面の解剖図しか載っていないので、イメージなどが大切です。

2次元ではなく3次元で骨格は診ていかなければ難しい症状は対応できません。

3次元的なストレッチをアドバイスすることも出来ますので、一度ご相談ください。

骨盤矯正、骨格矯正でお悩み解決のお手伝い

ゆがみ発見!

2017年06月4日

動きの左右差をチェック

ゆがみの見つけ方で大切なポイントを教えさせていただきます。

一つは左右差!

皆さん柔軟性と聞くと、前屈や開脚などを気にされる方が多いと思います。

しかし、もっと基本的な身体の軸を忘れてしまっているようです。

胸郭、股関節に左右差が生じている身体ほど負担が蓄積しやすい状態はありません。

この歪みチェックを行ってみてください。

左右で可動域(動かせる範囲)が違った場合には、歪みが生じてしまっている可能性があります。

左右どちらかが頑張りすぎていて、もう一方がサボってしまっている状態です。

頑張りすぎてしまっている側には、リラックスしてもらいます。

サボりすぎてしまっている筋肉には、ちょっと頑張ってもらうように刺激を入れていきます。

胸郭、骨盤の左右差が生じてしまっている場合は、歩行時の歩幅の差につながります。

皆さんは一日何歩歩かれていますか?

5000千歩?

多い方で10000歩ぐらい歩かれているかもしれません。

歩幅に左右差が生じているということは、その歪みが歩くために蓄積してしまうということです。

歩けば歩くほど歪んでしまうという悪循環・・・

健康のために歩いているというのに、歪みが蓄積してしまうとしたら恐ろしくないですか?

歩き方にクセがあるなぁ~と感じたら、すぐにご相談ください!

おかげさまで口コミ170件突破!

エキテンの口コミ数が170件を突破しました!(^^)!

うれしいです!

感謝しております。

200件突破の際には、何かイベントを考えております!

200人目の方に粗品をプレゼントしてみましょうか笑

皆さんも少しでも良かったなぁ~と感じていただけたら、ぜひご投稿をお願いいたします。

下のバナーをクリックしていただけると、口コミサイトが開くようになっています。

 

 

骨格矯正×骨盤矯正で話題の浜田山CAZU整骨院

肩甲骨は天使の羽

2017年05月31日

肩甲骨の動きを広げましょう

スマホやパソコンなどを使っていると、肩こりや首痛などを訴えられる方が増えています。

肩こりや腰痛、首痛の多くの方が肩甲骨が埋もれてしまっている状態で、自由自在に動かすことができなくなってしまっているんです。

肩甲骨を支える筋肉が硬くなってしまうと、その可動域は狭くなり、高く腕が上がらない、しっかり腕が回らないという状態になってしまうのです。

特にパソコンなどで内巻き姿勢になってしまっている方は要注意です。

こんな姿勢でパソコンしている方は、知らず知らずのうちに肩甲骨が外側に移動してしまって、首肩回りの筋肉に多大なストレスを作り出してしまっています。

当院では、動きの確認作業の時に必ず肩甲骨の動かし方、動き方、肩関節の可動域などをチェックしています。

肩甲骨の位置が修正されることによって、股関節の伸展可動域、首肩回りや腰背部の筋肉の負担軽減を行うことができます。

実は肩甲骨には18種類もの筋肉がついていたりします。

肩甲骨が動かない状況であれば、その18種類の筋肉がどんどん硬くなってしまうんです。

そうすると筋肉が熱を生み出すこともできなくなってしまうので、基礎代謝が落ちてしまったり、冷え性になってしまったりします。

実は肩甲骨は早い人で25歳くらいから衰え始める部分とも言われています。

肩甲骨はアンチエイジング対策にも効果的なポイントですね( `ー´)ノ

肩こり頭痛でお悩み解決 浜田山CAZU整骨院

 

姿勢と自律神経

2017年05月18日

長時間のパソコン、スマホ

大切なお話なので、何度も書かせていただきます。

長時間のパソコン、スマホの操作は、慢性的な首のクセを作り出してしまいます。

ズバリ、うつむき姿勢です。

その姿勢は頭を前方に突出させてしまい、首のカーブが失われて、肩が内側に入り込んでしまい、背中も丸まってくるという、典型的な猫背姿勢=不良姿勢となります。

背骨の軸が崩れてしまうことで、その背骨の中を走行している中枢神経(自律神経)にも影響を与えます。

特に首は、他の部位と比較すると脆弱性が高くなっています。

腰や背中と比較しても、筋肉が弱く、靭帯もそこまで太くなく、頭の重さというリスクを常に抱えています。

頭の重さを庇うだけでも、ちょっとした弾みで痛めてしまうことがあります。

多くの方が首から生じる姿勢不良が原因で、体調を崩されることが多いです。(当院調べ)

頸椎(首)の配列などが崩れてしまうと、首コリ、肩こり、手や腕へのトラブルが起こりやすくなります。

腰椎(腰)の配列が崩れることで、腰痛、股関節、太もも、足のトラブルが起こります。

では胸椎では、どのような影響が起こると思われますか?

胸椎の神経は自律神経系が大きく関係してきます。

特に内臓などの働きは、胸椎からの影響が大きいです。

肩こり、腰痛などを訴える方は、総じて胸椎の動きが狭くなってしまっています。

深呼吸をする際にも、肋骨を開くイメージ+お腹を凹ませてみましょう!

自律神経はアクセルとブレーキ

車で例えるなら、交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキです。

アクセルを踏みっぱなしだと、車を壊してしまいます。

必要に応じて切り替えをしていかなければ、体を壊してしまいます。

自律神経の影響によって

偏頭痛、耳鳴り、めまい、呼吸が浅くなる、睡眠不足、寝つきの悪さ、起きた際のだるさなどが生じやすくなります。

ON、OFFを切り替えるためには、夕方~深夜にかけてのスマホ使用を極力控えることが大切です。

特に寝る直前まで、ディスプレイの明るい光を浴び続けてしまうことによって、脳が活性化しやすい状態になってしまい、副交感神経が働きづらい体内環境を作り出してしまうんです。

寝る1時間前までには、スマホやPCの利用を控えましょうね(^_-)-☆

首のゆがみを整えると

2017年04月23日

背骨の役割

脊柱の役割の一つとして、頭の重さを支えるという役目があります。

人間の頭は5kgぐらいあると言われています。

だいたいボーリングの球と同じくらいの重さですね。

頭は重いので、筋肉で支えようとすると肩こりなどのトラブルの原因となります。

頭の位置が中心軸から離れたり、あるいは傾いたりした場合、首から下の部位である胸椎や腰椎など背骨全体が重心を保つために補正をすることでサポートしようとするのですが、それが原因で腰や背中を痛めてしまったりする原因でもあります。

簡単に言うと、背骨は頭を支える働きがあって、頭が傾いてしまうと背骨をゆがませることでバランスをとろうとしているということですね。

頭が傾くと、目線の高さを整えようと肩の位置が下がって見えたり、骨盤の傾きが生じたりします。

頭が背骨の中心軸に真っすぐに乗らないとカラダも良くなりませんよ!と考えていただければいいです。

脳、脳幹からの命令を伝えましょう

脳という発電所があって、神経という電線を使い、皮膚や筋肉・内臓といった各家庭までの電気を送電しています。

では電線(神経)の途中でショートしてしまったり、断線してしまったら?

各家庭(皮膚、筋肉、内臓など)までの電気が送れなくなってしまい、その状態が長く続いてしまったりすると、コリ、痛み、しびれ、内臓の不調などの病気の原因へと繋がってしまいます。

それも各家庭(皮膚、筋肉、内臓など)の近くでショートしたり、断線しているのであれば、一部分だけが停電するだけで済みますが、発電所(脳)の近くである首(頸椎)がゆがんでしまったりすることによってショートを起こしてしまい、その先の大部分が停電をおこしてしまうことに繋がります。

また脳幹と呼ばれる部位は発電所の中でも、特に重要視されている部分でもあります。

呼吸、血圧、体温調整、食欲、性欲、睡眠欲などを司っており様々な働きをコントロールしている部分です。

頸椎のゆがみは、この脳幹に直接ストレスを与えると言われています。

自然治癒力とは?

自然治癒力とは、上記に述べさせていただいた脳からの命令を伝えられているか?がポイントになります。

米粒1つぐらいのストレス(0.02g)で皮膚、筋肉、内臓などの機能が60%減退すると言われています。

背骨は24個の骨のつながりです。

積み木の様に重なる部分があって、その部分が傾いてしまったり、関節が動きずらい状態になっていたりすることによって歪みが生じてしまいます。

1つの骨が1㎜ズレてしまっていたとしてもトータルで2.4cmものズレになります。

2.4㎝のズレをバランスをとるって相当なパワーが必要なんです。

驚きのバランス制御力も自然治癒力のサポートあってのものですね。

頸椎のゆがみを整えるだけでも、自然治癒力のお手伝いができます。

肩こりがあると自覚をされている場合、多くの方に頸椎にゆがみやズレが生じています。

頸椎を整えることによって自然治癒力を活性化してみませんか?

整えるだけで肩の動きが広がったり、腰の負担が軽減することができますよ(*^^)v

交通事故・むち打ち治療なら浜田山CAZU整骨院

貴重なご意見!

2017年04月9日

ありがとうございます!

新規のクライアントの方からアドバイスを頂きました。

骨格矯正と骨盤矯正の違いが良く分からない・・・というご意見を頂きました。

ありがとうございます。

お身体全体を診させていただくことで、一つの症状だけに焦点をあてるのではなく、原因に対して施術、矯正を行わせていただいております。

その反面、ピンポイントでの矯正も行っております。

背骨、骨盤に対しては骨格矯正(背骨中心)、骨盤矯正(骨盤、股関節中心)と覚えていただければ幸いです。

当院の骨格矯正、骨盤矯正の違いを更にご説明させていただきます。

骨格矯正

当院で行っている骨格矯正は、CAZU式骨格矯正と名付けさせていただいております。

一番の特徴は、背骨をピンポイントで矯正できるということです。

背骨は「傾いて捻じれながらゆがむ」という性質を持っています。

捻じれを取り除くことによって、軸を整えることがポイントです。

さらにバキバキしない矯正なので小学生~ご年配の方まで、安心して受けていただけます。

もちろんマタニティ整体、産後の骨盤矯正にも使用しております。

骨盤矯正

骨盤、股関節を中心に矯正を行います。

日常生活動作でのクセなどによって、左右差や傾きが生じやすい部分でもあります。

矯正や体操などによって”動きのクセを解消する”ことによって左右差や傾きの改善を図ります。



骨盤だけを診るのではなく、股関節や膝、足首や肋骨などのねじれなどを一緒に取り除くことによって、ゆがみの改善に繋がります。



リアラインアを使っての矯正を組み合わせることによって、立ち姿勢でのゆがみの矯正にも繋がります。

日頃から立ち仕事の方にもおススメです。

骨盤矯正、骨格矯正でお悩み解決のお手伝い

赤ちゃんの成長過程と体の使い方

2017年04月6日

赤ちゃんの成長過程と体の使い方

面白いイラストがありました。

英文なのですが読める方も読めない方も見るだけでも参考になります。



これはよくある月齢での成長目安表になっています。

首の成長、肩甲骨の動きの広がり、背筋が鍛えられて、腰が育ち立ち上がれるというイメージしやすいイラスト画像です。

ママ、パパもおばあちゃんにもおじいちゃんにもぜひ見て覚えてもらいたいです!

この成長の軌跡と逆パターンで衰えはじめます。



これが動きに対してのトレーニング法です。

ストレッチのようなヨガのような動きですよね。

この動きをお身体の状態に合わせて行うことによって、バランスを改善したり、動きの悪くなっていた部分の動きを改善させたりすることができるようです。

 

DNSとは「Dynamic Neuromuscular Stabilization」の略で、「動的神経筋安定化」という意味です。

チェコのパベル・コラー博士が提唱する発達運動学に基づいた、腹腔内圧の調節と深部脊柱安定筋群の活性化による機能的安定性を基礎とした身体の運動基礎理論です。

セミナーが開催されるので参加してみたいと思っています。

動きの中から悪い部分を探しましょう

歩くときに左右の手足が交互に出ますよね。

体を動かすときには、捻りの動作がいかに上手くできるかがポイントになります。

この歩行という動きは、動きの中の最小単位と考えています。

歩くのがツラかったり、動きづらさを感じてしまったとしたら不調の部位が色々と現れているサインです。

物を拾う動き、ボールを投げる動きなども動きのベースとなるのは歩行のバランスです。

背骨が上手に動かせることによって、歩行のリズムを作り、肩甲骨や股関節などの動きをスムーズに働かせます。

お身体の簡単なチェックをしてみましょう。

①前屈、後屈をしてみましょう。

身体が捻じれて倒れたりした場合には背骨や肋骨などにゆがみが出ているサインです。

②体を捻ってみましょう。

左右で差を感じてしまったら、ゆがみが出ているサインです。

③横に倒してみましょう。

これも左右差を感じたら、背骨や骨盤の関節に硬さが生じているサインです。

3つとも気になったらご相談くださいね。

骨格矯正×骨盤矯正で話題の浜田山CAZU整骨院

神田川の桜が満開でした

2017年04月5日

キレイな桜

先日、神田川の川沿いの桜を見て回りました。



木によってはまだ満開ではありませんね。

今週末ぐらいがピークになりそうです(*^^)v



奥に移っている男性の方もカメラを片手に写真を撮られていました。

神田川は桜の木との距離が近くて見やすい環境なのが嬉しい限りです。

上を向く動作

上を向く動作を、頸椎伸展と言います。

この上を向く動作の基準の一つとして、顔が地面に対して平行になるか?というものがあります。

上を向く動作が辛いという方は、一度上を向く動作をされてみてください。

顔と地面が平行にならなかったとしたら、要注意です。

猫背が原因なのか?

骨盤が原因なのか?

胸椎のゆがみなのか?

首の関節が動いていないのか?

を見極めたうえでの施術、矯正が必要になります。



一番右のイラストみたいな状態だと、上を向くことは困難になります。

必ず頸椎にゆがみが生じてしまっているからです。

首を支えるためにも胸椎、腰椎、骨盤のどこに原因があるのかを見極めましょう。

サクラを見ていて首を痛めないようしましょうね笑

頸椎のゆがみは起こりやすい

首は歪みやすい部分です。

頭は重い。

肋骨などの支えもない。

首の筋肉は小さく弱い。

傾きやすい。

左右差が生まれやすい。

などの原因となる要素がたくさんあります。

特に頭の重さを支えるために、背骨の軸が定まっていないと傾いたり、関節に引っ掛かりが生じたりしてしまいます。

安全な矯正を目指す

頭を支える重要な部分だからこそ、繊細に矯正を行う必要があります。

バキバキ系の矯正をおススメすることはありません。

自分自身の体験をお話させていただくと、ある整体で首のバキバキ矯正を受けました。

受けた当日から吐き気と頭痛が治まらず、3日ほど寝込んでしまったことがあります。

上手な方は上手です。

理論体系もしっかりとしている方に矯正をしていただくのであれば、安心して受けてください。

しかし、技術や理論が未熟な方に矯正をされた場合は悲劇としか言いようがありません。

特に頸椎1番、2番は自律神経を司る大事なポイントでもあります。



バキバキと瞬間的に矯正するのではなく、重さと時間によって矯正を行います。

およそ1分間、この頸椎1番に圧を加えることで頸椎の軸を整えます。

急激な捻りなどの動きによって矯正を行うと、必要以上に動いてしまって不安定症を起こしてしまうケースも後を絶ちません。

即効性が高いからと言って危険な手技、矯正を行うことは致しません。

安心して受けていただけるよう、日々研鑽して技術、知識を磨いております。

骨格矯正×骨盤矯正なら浜田山CAZU整骨院 浜田山駅から徒歩2分

1 2 3 4 5 6 7 12