ゴルフ テニス 野球などの一方向性のスポーツ 浜田山CAZU整骨院

2016年12月6日

ゴルフ テニス 野球などのスポーツは一方向性に動きが制限される可能性が高いスポーツです。
あるセミナーで筋肉は形状記憶、動きを覚える性質があるという話がありました。

ゆがみのあるお身体を診させていただくと、筋肉の柔軟性などに明らかに左右差があるケースがほとんどです。
筋肉の柔軟性が失われていると関節に余計なストレスを生じてしまうことになります。
動きを左右差なく使えるようにするためには、筋肉の動きを正しい方向に覚えさせる。
忘れてしまっている動きを教育するということが必要になります。
簡単に言うと、ガンバリ筋とサボリ筋があるということです。

よくインナーマッスルを鍛えましょう!というのは大体がサボリ筋を鍛えましょう!と言い回しを変えることができます。
姿勢が悪いことにより、インナーマッスルと俗に呼ばれている筋肉がさサボってしまっているんですね。
インナーマッスルとは抗重力筋とも言われています。
重力に対抗する働きをするのがインナーマッスルなんです。
姿勢が悪く見える人ほど、このインナーマッスル(抗重力筋)がサボってしまっているかもしれませんね。

浜田山CAZU整骨院では、この左右差を矯正するためのアイテムがたくさん用意してあります。
代表的なアイテムは、リアラインコアと呼ばれているものです。

プロスポーツ選手も愛用している方が多くいらっしゃいます。
信頼性の高いアイテムです。
中学生くらいから90歳くらいの方まではカバーできるかなと思います。

ゆがみに自信があるかたは一度、体感されるといいと思います。
プロゴルファーも絶賛のリアラインコア!おススメです!

お客様の声 杉並区浜田山 40代 男性

ゴルフのスイングを良くしたくて検索したところ、こちらの整骨院が出てきました。
リアラインコアはゴルフをしている方であれば、知っている方も多いかなと思います。
自分もテレビで片山さんがやっているのを見て知りました。
ゴルフのスコア、飛距離をもっともっと伸ばしたいのでよろしくお願いします!

免責事項 お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

                 音が鳴りますのでご注意ください